黒豚、牛、希少品種のボン…シチリアエトナ山サファリーパーク!

どうも皆様、ボンジョルノ♪

シチリア島の東側に位置する世界遺産エトナ山。その山麓は結構な範囲に広がってます。富士山の山麓がどこまで広がってるか、ってなもんですよ、ええ(意味不明w?)。



サファリパーク感高いエトナ山麓の山道

ピスタチオの収穫をしたブロンテもエトナ山の一部ですが、あの幻の黒豚で知られるネブロディもそう。車で走っていると、いつまでも山で…もうどこをどう…どこに向かって走ってるかよくわからなくなります。樹海か〜。

そんな山道を走っていると、唐突に現れる…牛。

ひょ〜!ち、近い!!!

牛にたかってるハエが窓を開けた車に間違って入ってくるレベルの近さで鑑賞(?)できます。

驚かさないようにスピードを落としていると、あ〜黒豚!

どんぐりを食べる放牧黒豚は、なんだか人気のアイドルグループのプライベートを見るようで…車を停めて遠巻きに眺めていたら、ああ!反対側にも!

ひょ〜近いっ!

驚かせてストレスを与えてはいかん…ということで、ボンさんは窓越しに見るだけにとどめます。希少品種だけに、気を遣う…。

羊の群れなんかは、比較的シチリアの田舎道で遭遇しますが、黒豚はなかなか。主に草食動物専門ですが、エトナ山の県道はサファリパーク風ですな。いや、肉食動物が現れても困るけど。



ボンを放牧した公園にいた…恐怖の羊

こちらは、世界に唯一の犬、超希少品種・ボン先輩。

黒豚や牛を優先して車の中に閉じ込めていたので、ストレスも溜まりましょう…ということで、ちょっとしたひと休み公園みたいなところで放牧してみました。

しかし、なんだか打ち捨てられたムードの公園…。

この子は、何?!

耳(持ち手)の下がり方から想像するに…羊か?しかし、鼻の穴が…。それよりシミが…。

やめて!関わらないでっ(怖)!

ビビってちょっとボケた…。

昼間でよかった。…なんだか怖くなって、走って車に逃げました。全員大人なのに。

※写真に何か見えてもコメントしなくて良いですから。

エトナ山を向こう側(東岸)に降りるとタオルミーナ。帰りにLa Vacanza Italianaで人気のお家にボンさんとお邪魔してきましたよ。絶景テラスで手巻き寿司!

夏のタオルミーナの絶景テラス料理レッスン&番外編♪
人気のタオルミーナ絶景テラスの料理レッスン&ワイナリーより オンシーズンのタオルミーナの絶景テラスより。 撮影/8月ご参加のMさま 唯一無二の風景をプライベート ...

夏の終わりのエトナ行脚でした!

コメント

  1. しんしん より:

    この遊具は何?!
    ボン先輩のサイズ感からするとかなり大きい?
    耳が持ち手だとすると跨ったら大昔のスポーツ二輪車みたいな姿勢に?
    色々妄想、いえ想像すると謎は深まるばかりですが、この顔はなんだかプリミティブな舞踊のお面っぽい。
    前足が絶妙なバランスでかわいらしさも・・・でも、遭遇したらきっと後ずさり(笑)

タイトルとURLをコピーしました