猫監視が忙しい…ボン先輩の憂鬱

今回のフィリクーディ島バカンスは、ボン先輩初めてのフィリクーディ島バカンスでもお世話になった猫の家。

テラスはちょっと狭いのだけど、島の家には珍しく”全体が壁で囲われている”のでボン先輩も精神的に楽かも。と飼い主は楽観的に想像しております。

囲い=家と外との境がないと、ボンさん…ずーっと気を張ってないといけないから…。

都会育ちの坊ちゃん犬ですが、一応、監視員としての役割を全うしようとするらしく、広い庭の家だとあっちを監視、こっちを監視、遠くで聞こえるワンコの遠吠えに応えたり、カサカサ音のなる茂みのチェックなどなど、とーてーも忙しいことになるわけです。長滞在でそれだと…ストレスフルw。

というわけで、囲み(テラスから飛び出せない)のある家なんでございますが、ただ…はす向かいが猫軍団の本拠地w。

美しい月夜のボンさんと猫の褒め方
世界遺産エオリア諸島・フィリクーディ島。 街灯もなく、わずかな家々の灯しかない真っ暗闇の島。 そんな島の夜は、月の明るさ...

クイズ:この画像には、何匹猫がいるでしょう?

ほかに集中するものがないので、ほぼほぼ1日中、この姿勢ですwwwww(ご想像に難くないと思いますが、ボンさんの視線の方向に猫軍団本拠地があります)。

窓から日がな1日外を眺めるヒマそうなシチリア人のおばさんみたい。

猫たちが静かにしているときは、監視員も休憩。太陽が高く登っている時は、猫もおとなしいようです(顔、日に焼けるよ〜)。

しかし、ちょっとした物音がすれば、速攻、監視体制w。

でも、こんな余裕の姿勢のときは…、

猫じゃないのですwwwww。

ほらw。

ワッショイワッショイと大きな柱を運ぶ島んちゅたちw。近くで改装中のようですなぁ。

テラスの前は、細〜い路地。車も通らず、住民とのどか〜な時間だけが過ぎていきますが…猫もいるw。

猫VSボンさんの一触即発緊迫ムードがときたま流れます。

24時間体制でご近所の猫たち(15匹)と戦っていますw。24 su 24 ore non si ferma mai il combattimento con i gatti del vicino.#続きはブログで #ボン先輩 #雑種犬 #元保護犬 #元保護猫 #猫 #犬と旅行 #シチリア #エオリア諸島 #フィリクーディ島 #俺の夏休み2018 #filicudi #eolie #sicilia #siciliabedda #gatti
24 su 24 ore non si ferma mai il combattimento con i gatti del vicino. ボン先輩のインスタグラムより

と、言っても緊迫してるのは、ボンさんだけだけどw。

なぜなら、猫たちは知ってるから。「百戦錬磨の島暮らしの俺たちに、都会育ちの坊ちゃんができることなぞ、ないw!」と。

軍団の誰かがヒラヒラ〜と近づいてきては、瞬時に消えたり、近くづくまで待ってからスタッと飛んでいったり。

猫ってすごい!賢い!

ご近所さんたち(人間)にも「無理だよ」なんて声をかけられて、飼い主はなんだか切ないよwww。

「俺だって、やる気になれば勝てるはず。」

はいはい、そーねw(絶対、無理)。

無駄にかっこいいボンさん。ジムで鍛えたわけじゃないけど、実戦で使えないタイプの筋肉をお持ちデス。

それにしても、猫軍団を本気で怒らせないようにしないと…だいたい目をやられるって言いますからね…。囲いがあって本当よかったけど、飼い主がストレスフルになってます・苦笑。

続く。

バカンスのゴハン〜超簡単!夏の冷パスタレシピ
長期バカンスに欠かせないのは、キッチン。 ボンさんのためにはテラスの”壁”(↓)も大事ですが、人間にはキッチンが大事。朝・昼・夜と毎回...

最後まで読んでいただいてありがとうございます!
イタリア情報ヨーロッパ(生活・情報)の二つのブログランキングに参加中です♪
ポチポチッとクリックしていただけると嬉しいです♡ Grazie!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

●●●お知らせ●●●
翻訳させていただきました♪

イタリア人が見た日本や日本人って?!
思いのほか素晴らしい!!

人気DJラ・ピーナ著
『I ❤ TOKYO(アイラブ東京)』日本語版


イタリアで驚異的ベストセラーになった日本紹介本の日本語翻訳版。
アマゾンほか、全国書店にて絶賛発売中です!

…裏話や関連話はこちら( ̄∀ ̄)♪>>>書籍『アイラブ東京』

スポンサーリンク
アドボン




アドボン




この記事をシェアする

ボン先輩をフォローする