玉ねぎは干しておけば3ヶ月保つってホント?島の農家さんで

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

バカンスの島ゴハンは、パレルモから持ち込み&現地調達、たまに島のレストランの構成なんですけれど、

水に浸して食べる!南イタリアのパン「フリッゼレ」が美味しい!バカンスの島ゴハン
どうも皆さま、ボンジョルノ! というわけで、島から...

やっぱりなんと言っても島の農家さんで買うのが楽しい(と言ってもバリエーションは大変少ないw)。

玉ねぎは干しておくもの?

ニンニクは三つ編みにして干してあるにはよく見るけど、玉ねぎの三つ編みはかなり重い。

季節の野菜と果物を作ってる農家さんで、玉ねぎ、トマトを買いました。三つ編みひとつくださいなー。って感じで。

5kgくらいあるんですけど、「干しておけば、10月まで大丈夫」だって。10月までに5kgくらいは食べ切ると思いますがw、玉ねぎって保つんですねー。冷蔵庫に入れておくより、保つね。

というわけで、滞在先の井戸の釣部にかけました。

で、「芽が出たら、植えるのだ」と。バルコニー菜園じゃ、アレよねぇ。。。土のある暮らしって良いな。



手作り塩漬けカッペリも大量購入!

あとは、欠かせない逸品、塩漬けカッペリ(ケッパー)。

2年前にも購入し、そして使い切ったものの、意地になってwパレルモでは買わず、カッペリなし生活を半年ほど続けていたので、これで晴れてカッペリあり生活に戻れます!

なんでしょうね、コロナ規制緩和で戻る日常は、島のカッペリと共に。って気分(来週あたりから黄色ゾーン化濃厚ですけどね)。

「暑いけど日影は涼しいのだ」

約3kgほど購入した塩漬けカッペリは、一部ローマのお世話になった人へお歳暮。島の郵便局から発送しますw。届くだろうか?

でもそれは、翌日のミッション。島では1日ひとつが限界です(やる気的に)。

7月25日(日曜)!ピエモンテと島から二元中継: チンチアさんの夏のメニューレッスン第2段 from フィリクーディ島♪まだ間に合いますよー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました