南ア変異株で入国禁止措置ーイタリアと欧州の対応とイタリア最新コロナ状況

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

昨日、1日中待った荷物。

20時過ぎのトラッキングで「明日になります」になりました。夜ゴハンの時間だから、まあ仕方ない。で、今朝、朝ゴハンが終わったと思われる時間帯に、「本日の14〜16時に着きます」に変割りました。

そして先ほど、15:50に到着!

荷物を運んでくれたイケメンくんに(なぜこうも配送男子はイケメンなのか…)、受け取り暗証番号を伝えつつ「昨日届けるってメール来たのに〜」と一応言ってみたら「遅れたよねぇ。いっぱい配送あるからさ」と。「まーねぇ、集中するとねぇ」「だよねーあははは」「あははは」。

一生懸命やっているのは間違いないし(ただし、彼らのペースで)、夜ゴハンも朝ゴハンも食べなくちゃだし、時にはちょっとバールでカフェも飲まないとね。届けば良いんですよ、届けば。

ちょっと高額のブツではあったので、ドキドキしましたが…何事もなく、ホッです(涙)。

南ア変異株への対応が早い!が、ベルギーですでに発覚…

さて、そんな最中(?)南アの変異株が発見されましたねー。

昨日騒いでたかと思ったら、今日にはイタリアでは南アを含むアフリカ8カ国からの入国が禁止になりました。今朝7カ国だったけど増えた模様。

記事によると、過去14日間に、南アフリカ、マラウイ、レソト、ボツワナ、ジンバブエ、モザンビーク、ナミビア、エスワティニに滞在した人が対象、すでにイタリアに帰国・入国済みの対象者は、直ちにPCR検査及び10日間の検疫になります。

イギリス、フランス、ドイツが南ア便の一時停止。感染1名(+2名が検査中)のイスラエルは、南ア便ストップに加えて入国禁止に。

スペランツァ保健省大臣は、変異株B1.1.529のデータの解析に国際レベルで取り組むためにタスクフォースを発動。外務省とコラボして、南ア国立伝染病研究所と協力をするそうですし、欧州委員会、WHOも直ちに動き出してるし、ファイザーも遅くとも2週間以内にワクチンの有効性を検証するとか。

なんか…対応がめっちゃ早くて、ビビります。もう何回目かの変異株だけに、そりゃ、対応も早くもなりましょうってところですが、それだけ強烈な変異なのかと思うとちょっとコワイ…。

ちなみに、記事にもありますが、先ほどベルギーでも1名感染者が発覚したそう。トルコ経由でエジプト旅行をした人で、南アとの接点がなかったとか。となると、もう、相当入っちゃってる感じなのかも(怖)?そして、同記事中にはオックスフォード大学のロザリンドフランクリン研究所長・生物学者のジェームズネイスミスは、「ワクチンは変異体に対して”ほぼ確実に”効果が低い」とすでに言っているともあります(怖)。

どうなるでしょうねぇ。

クルーズ船も完全再開。アメリカ、欧州各国からの船客が楽しそうにパレルモ観光中

ま、政府周りとメディアが戦々恐々としたムードを香らせていますが、街は特にこれと言って…って感じ。とりあえず気をつけておこうと思います。

イタリア国内の最新コロナ感染状況

そんなイタリアの今の感染状況です。本日発表された毎週恒例モニタリングの結果をご紹介。

イタリア感染状況 先週比
人口10万人あたりの新規感染者 98人→125人@週
症状のある感染者の実効再生算数 1.21→1.23
コロナ患者の重症病床使用率 5.3%→6.2%(閾値10%)
同、病床使用率 7.1%→8.1% (閾値15%)

感染発覚経路の割合
・濃厚接触トレーシング 34%→34%
・スクリーニング 21%→21%
・発症からの検査 45%→45%

危険度の高めのエリア:ボルツァーノ地区、フリウリ・ベネチア・ジュリア州、ヴァッレ・ダオスタ州、ヴェネト州

Cf.SKY TG24 COVID, MONITORAGGIO ISS

なんだかキレイな増加傾向…。日々の感染状況は、陽性率2%前後、検査数60万件前後、感染者数1万2000人前後です。死亡者も70人前後(陽性で亡くなった方で、コロナのみでお亡くなりになる方は2.9%)。

ちっとも終わりませんね〜(妄想的には来年5月ごろには終わってるはずなのに)。新・南ア変異株は、コロナの”最後の悪あがき”と思いたいわー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました