自家製レタス収穫祭♪乳草の意味がわかったよ

スポンサーリンク

どうもー皆さま、ボンジョルノ!

ここのところ伏せっていたせいか(ギックリ腰&大腸内視鏡検査ですがw)、昨日今日と軽くバタバタとしただけなのに、もんのすごい疲労感を感じて、自分で驚きましたw。

体力筋力の衰えは、釣瓶落としのごとく…。ホントにもー….昨年貯めた体力筋肉貯金、空っぽ!ですよ、もー。

今週、ギックリ腰その後チェック診療で、ジム再開許可が出たら(出るはず!)、1日2回くらいのペースで行きたいと思っております。

まあ、筋肉もアレなんですけど、今日の分は、芦原妃名子さん死去のニュースが80%以上の要因。夕方知って、茫然としてしまいました…。

レタス、収穫しました

と、まだやや動揺気味ですが、気持ちを切り替えて…収穫祭の話です。

あ、レタスですよ、レタス収穫祭w。世界最小単位の収穫祭です。

モッサモサに成長したので、ちょっと収穫してみました!

オリーブオイル漬けツナとレッドビーンズと赤玉ねぎをプラス

結構な量が収穫できたので、100%自家製レタスのサラダでございます♪

極上オリーブオイルとマルサラの天然海塩、ワインビネガーのにすりゴマで

レタスの語源はラテン語の牛乳

農薬なし(肥料もあげてないけどw)、土と水と太陽だけで、ほぼ自力で育ったレタスは、プリップリで柔らかく、ミルキーな味がして。

昔の人が、乳草(萵苣)と呼んだわけもうなづけます。

と、シチリアでレタスを称賛したゲーテと同じことを言ってみたくなる美味しさでした。

特にサラダは柔らかくかつ美味しくまるで牛乳のようで、昔の人がこれをラクトゥカ(ラテン語)と呼んだわけもうなづかれる。

ゲーテ『イタリア紀行』より

収穫方法がわからないので、成長した葉だけ収穫し、若い葉はそのまま残してみたけど、合っているのかどうか?

まあ、育ったら合ってたってことでw。

ではでは、ミルキーな良い火曜日を!
Buon martedì!

↓よかったら、一緒に収穫した(邪魔したw)ボン先輩にお疲れさまーのクリックお願いします♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました