初めての「お手」ができた瞬間

さてっと、飼い主が小さかった頃のボンを懐かしみたいがために、読んでくださっている皆様を強制的に過去へお誘いする、突然チビボンシリーズで~す!

今日は、「初めてのお手」♪

うちの子になってから1か月くらい経ち、すっかり体調も良くなってキャッキャ♡とした仔犬らしくなってきた頃、そろそろ次の段階に進もうかな~と思い立ったその日。

保護施設での出会いまでは、カテゴリー:生い立ち/出会いをどうぞ♪

お座り(イタリア語では、「Seduto!セドゥート!」)はできるようになっていたので、次の段階=ちょっとしたコミュニケーションも兼ねての「お手」。

イタリア語では、「Dammi la zampa! (ダンミ・ラ・ザンパ)」と言います。長いっ!ケド、「お手!」の早さで言うわけですw。ザンパがいわゆる動物の手足の意味。

さ、いくよー。

ダンミ・ラ・ザンパ!

「はぁ?」

な顔をしていたボンちゃんですが、たまたま手を出してくれた瞬間に、ダンミラザンパ!と叫ぶ(←もはや早口呪文。魔法にかかりそう)。で、手を触ってくれたら、シー!コズィ!(そう、これ!)

ダンミラザンパ→スーコズィのループの中に入ったボンちゃん。

「え?これ?」

シー!コズィ!

…何か理解した様子。

ダンミ・ラ・ザンパ!

「ハイッ!」

シー!コズィィィィィィ!!!

あったまいー!天才!キャー!と喜ぶ飼い主に、何かすごいことをやって見せたと感じたのか、やる気満々に。

そうして、ダンミラザンパ待ちするボンちゃん。

ワクワク♪

さ、行くよー!

ダ…

シュタッ!

いや、ダンミラザンパを言いきれてない…上、まだ受ける手も間に合わない。。。

このレスポンスの早さ。天才の上に、スポーツ選手でもイケるかも。と思い始めたのはこの頃のこと…(単なるバ飼い主の始まり)。

今では、もはや…ダンミラザンパのダも言う前から、一方的にお手して「オヤツください」をアピールするシステムになってます。

で、「なんなら、おかわりも臥せもやりまっせー」とできること全部やってみせてくれるんだけど、コマンド出してないのにやられた場合、ご褒美を上げてもいいのかどうか、今だに悩んでいますw(結局、あげてる)。

ワンコ、おもろい♡。


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
イタリア情報ヨーロッパ(生活・情報)の二つのブログランキングに参加中です♪
ポチポチッとクリックしていただけると嬉しいです♡ Grazie!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

●●●お知らせ●●●
翻訳させていただきました♪

イタリア人が見た日本や日本人って?!
思いのほか素晴らしい!!

人気DJラ・ピーナ著
『I ❤ TOKYO(アイラブ東京)』日本語版


イタリアで驚異的ベストセラーになった日本紹介本の日本語翻訳版。
アマゾンほか、全国書店にて絶賛発売中です!

…裏話や関連話はこちら( ̄∀ ̄)♪>>>書籍『アイラブ東京』

スポンサーリンク
アドボン




アドボン




この記事をシェアする

ボン先輩をフォローする