記録更新の灼熱がまたイタリアに到来中?!バジリコも成長が止まらないわけだ…

スポンサーリンク

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

爽やかな月曜日、ボン先輩は今年もリーシュマニア症候群のワクチンを打ち、ちょっと元気がありません。が、ちょっと暑さが収まっているので、体力的には負担が少なそうでよかったかな。

▼副作用?!で大惨事の経験

湿度低めの日本の秋晴れ的な趣で、「季節が早まってるし、もう秋かしら…」なんて思っていたら、ちょっと!全然違ったわっ!

記録を塗り替える暑さが到来する模様…

2022年で最も強烈なアフリカ熱波がやってくる。ってタイトルにギョッとしました。超絶意訳で、今週末からのイタリアの灼熱地獄予報をご紹介します。。。

わずかな「リフレッシュ」期間はそろそろ終わる。湿度が低い好天は、13日まで。7月14日から灼熱地獄が始まる。38度越えがイタリア全土に広がり、北部の平原地帯、サルデーニャ島とシチリア島の内陸部では41〜42度に。断続的な暑さは、月末まで続くと予想される。

アフリカのデータを分析すると安心できる要素はまるでない。ここ数日、北アフリカ、特にアルジェリアでは50度を超え、砂漠の小さな町アドラールでは53.7度を記録した。これからサハラ砂漠の熱がイタリアに接近。南から、そして全土に影響が出るだろう。

平均気温は8〜12度高く、今後、干ばつは悪化。特に北西部が危機的だ。週末の暑さが強烈なのは、ミラノ、パドヴァ、フェッラーラ、ボローニャ。トスカーナ州とラツィオ州のティレニア海側、ローマ、フィレンツェ、サルデーニャ島も。

7月17日からは新たなアフリカ熱波が到来し、標高1500mで30度、ヴァルパダーナで42度予想。これは歴史上最も強力な熱波で、記録的な暑さだった2003年を含む今までのすべての記録を塗り替える可能性がある。

って、いーですよ、モゥ!って感じですけど、気温40度レベルの灼熱は、本当に身体に悪いのである程度は知っておいた方が良いですよねぇ。心の準備含めて。

バジリコの成長が止まらない

今年はいつもより暑いんだな〜と実感するのが、バジリコの成長率。小さい鉢を買ったのが、たしか5月。育つ勢いが怖い!バカスカ収穫してますよ。もう…何回も。

いつだったか、熱波でバジリコの葉が焦げたこともありましたけど…今年の焦げずに、よく育つ。なんでしょうか、高温対応の遺伝子組み換えとかしてるんでしょうか?(まさかw)

バカスカ収穫して、バカスカペーストにして、バカスカ冷凍保存してます♪

今回は、アーモンドクラッシュを追加したわ

▼冷凍するときは、我が家はチーズを入れません。解凍後は、バジリコとニンニク、オリーブオイルとして活用してまーす。便利!

バカスカとバカンスって似てる…と空目する季節ねぇ。

どうぞ良い火曜日を!
Buon martedi!

コメント

タイトルとURLをコピーしました