簡単!バジルソースのレシピ〜チーズ・松の実なしで味変パスタが激ウマ

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

朝晩は秋っぽいけど昼間は汗だくのパレルモライフ。まだ夏っぽいけど…バジリコもそろそろ最後の収穫になりそうな予感です。

放っておいてもわんさかバッサバッサ育つので…プレッシャーからの解放!とも言いますが、ちと寂しい気もします。まあ、秋ってそういうもの。

簡単!我が家のバジルソース pesto genovese

もっさりと収穫できたときは、速攻でペスト(ソース)にしてしまってます。この夏も、何度作ったことか…(すごいコストパフォーマンスだな)。

皆さんも一度は作ったことあるかと思いますが、改めて。我が家流の作り方をご紹介します。材料シンプル化&計らないから、めちゃくちゃ簡単。あっという間ですよ。



松の実・チーズなしのシンプルバジルソースでパスタ

我が家のバジルソース
pasta al pesto genovese
ー所要時間 5分ー

【材料】
バジリコ  あるだけ
※と言っても2、3枚の葉では無理なので、できれば最低でも両手に余るくらいは欲しいところ。
・ニンニク      2片
・塩    ふたつまみ
・EXVオリーブオイル 50mlくらい
※ブレンダーを下まで押し込んで刃が隠れるの量があれば大丈夫。


今回、ちょっとアーモンドも入れてみました(7〜8粒)。でも、なければないでぜんぜんOK。

【作り方】
①. 材料をすべて容器に入れ、ブレンダーでペースト状にする。

ウィンウィン強弱つけて、トータル10秒くらいですかね。”葉の感じを残したい”場合は、もう一瞬って感じ。

以上w!

全体量が少なければそのままパスタへ〜!多ければ保存します。

★保存用のガラス瓶に移したら、オリーブオイルを足すのがコツ。←表面が酸化しないようにオリーブオイルの層で蓋をするイメージ。

冷凍もできるよ!

そうなの、冷凍ができるから、バカンスにも持って行きましたよ。



薬味風に付け合わせソースに…汎用性高い!

というのも、「あーちょっとバジリコがあるといいんだけどなー」というときに、八百屋さんで束で買うか、鉢で買うかw、もしくはご近所にいただくか。でもあるかわからないし、なんか面倒だから。

冷凍バジルソース、ちょうど到着する頃に自然解凍されて便利でした。

インサラータ・ディ・リーゾ、ツナのパスタなどにちょい足しして薬味風にしたり、鳥の胸肉、白身魚の付け合わせソースなどなど。

バジリコとニンニクとオリーブオイルって考えたら、そりゃもうなんでも合いますよね〜。汎用性高い!マルセイユ石鹸と共にバカンスの便利アイテムです。

マルセイユ石鹸にはまる夏〜エオリア諸島の島バカンス我が家の必須アイテム
どうも皆さま、ボンジョルノ♪ フェッラアゴーストが...

シンプルバジルソースのパスタは、アレンジ味変自在!

ソースの中にパルミッジャーノ・レッジャーノチーズを入れていないわけは、後でいくらでもかけられるし、好みでチーズ量を調整したいから。というのもあります。

爆乗せ。

で、最近ハマっているのがこちら!

リコッタサラータで味変!

ミルキー&クリーミー、旨味増加!

パルミッジャーノ・レッジャーノなしで、リコッタサラータのみでも軽くて美味しいデス(今、リコッタサラータ自体にハマっているのです。もー何にでもかけちゃうよー美味しいよー)

でもそうなると…もはやジェノベーゼではないなw(すでにないけど)。ジェノベーゼとは、ジェノバ風。ペスト・ジェノベーゼはジェノバ風ペーストという意味。

それをシチリア風にいただくので、シチリア風のジェノバ風ペースト…ペスト・ジェノベーゼ・シチリアーノというややこしい感じになりますw。

ペスト・ジェノシチリアーノ?!

ふふふ。
どうぞ美味しい週末を!Buon week-end!

コメント

タイトルとURLをコピーしました