冷凍保存可!チーズ・松の実なしのシンプルバジルソースー解凍後はアレンジ自在

スポンサーリンク

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

朝晩は秋っぽいけど昼間は汗だくのパレルモライフ。まだ夏っぽいけど…バジリコもそろそろ最後の収穫になりそうな予感です。

寂しいというより、プレッシャーからの解放感w!バッサバッサ育つからさ〜。バルコニーに出るたび「あー収穫しなくちゃ」の焦燥感に夏は覆われるのです。

簡単!我が家のバジルソース pesto genovese

収穫後は、速攻でペースト(ソース)にしますよ!

皆さんも、一度は作ったことあるかと思いますが、改めて。我が家流の作り方をご紹介します。材料シンプル化&計らないから、めちゃくちゃ簡単。あっという間です!

というか、バジリコの収穫タイミングとジェノベーゼを食べたいタイミングが一致するも限らないので、我が家は主に冷凍してます。つまり冷凍保存用レシピですね。

冷凍保存可!松の実・チーズなしでシンプルに作るバジルソース

シンプルなバジルソース
Pesto genovese semplice
ー所要時間 5分ー

【材料】
バジリコ  モサッと両手に余るくらい
・ニンニク     2〜3片
・塩     ふたつまみ
・EXVオリーブオイル 50mlくらい ※ブレンダーを下まで押し込んで刃が隠れるの量があれば大丈夫。

アーモンドや松の実は、入れたり入れなかったり

【作り方】
①. 材料をすべて容器に入れ、ブレンダーでペースト状にする。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: pestogenovese-3.jpg
ウィンウィン強弱つけて、トータル10秒くらい

以上ですw!

★保存用には、ガラス瓶に移してオリーブオイルを足して。冷蔵庫もしくは冷凍庫へ!

表面が酸化しないようにオリーブオイルの層で蓋をするイメージ


解凍後&冷蔵保存の場合は、使った残りにオリーブオイルを足して蓋をすれば(酸化を防ぐ)1週間くらいは大丈夫。

シンプルバジルソースは、汎用性も高くて便利

冷凍保存したバジルソースは、バカンスにも持って行きます。

バカンス先で「あーちょっとバジリコがあるといいんだけどなー」って時には、八百屋さんで束で買うか、鉢で買うか、もしくはご近所にいただくか。になって面倒だから。これが便利なの。保冷バックに入れておくと、到着した頃ちょうど解凍されている&氷として他の食品を冷却。という便利な面も。って、いつもの自炊系ガチバカンスの話ですけどね…。

インサラータ・ディ・リーゾ、ツナのパスタにちょい足ししたり、鳥肉、豚肉、白身魚のソテーのソースにしたり、刻んだトマトと混ぜてパスタソースにしたり。

要するに、バジリコ、ニンニク、オリーブオイルだから、そりゃ汎用性も高いですわよ。

マルセイユ石鹸と共にバカンスに欠かせない便利アイテムです。

シンプルバジルソースのパスタは、アレンジ味変自在!

で、このソースにたっぷりパルミッジャーノ・レッジャーノを和えれば、基本的な「パスタ・ジェノベーゼ」です。

爆和え、爆乗せ!パルミッジャーノ大好き♪

で、最近ハマっているのがこちら!

リコッタサラータで味変!

ミルキー&クリーミー、旨味増加!

でも…こうなると、もはやジェノベーゼではなく(松の実入ってない時点ですでに違うけど)、シチリア風のジェノバ風ペーストペスト・ジェノベーゼ・シチリアーノというややこしい感じになりますねw。

※ジェノベーゼとは、ジェノバ風。ペスト・ジェノベーゼはジェノバ風ペーストという意味。

どうぞ美味しい週末を!
Buon week-end!

コメント

タイトルとURLをコピーしました