俺、(おやつもらう)準備万端!ー犬のリーシュマニア症検査

こらこらこら…^^;。

こちら、獣医さんの診察台です。

 

「俺、準備万端!」

俺、(おやつもらう)準備万端️Sono prontissimo (per i biscottini).いつも美味しいおやつをたくさんくれる獣医さん。サクッと診察台にジャンプして上がりましたw。#このあと恐怖のどん底#ボン先輩 #獣医さん #定期検診 #雑種犬 #雑種犬大好き #保護犬 #いぬすたぐらむ #cane #dogstagram
Sono prontissimo (per i biscottini). ボン先輩のインスタグラムより

診察ではなく、おやつもらう準備ね。

 

ボンが我が家の犬になって以来、ずっとお世話になってる獣医さん。

初骨事件 完結編 ーそして”真の飼い主”に
血便騒ぎの続きです。 あち...

 

ボンは…怖がって行きたくない!なんてことは一度もない楽チンなワンコです。ワクチン注射の時の痛い!って記憶、この人には残らないのだろうか?

毎回、行くたびに食べたことのない新しいオヤツ(業者のサンプルw)をたくさんもらえるので、むしろご機嫌です。

今回は、先生が来るまでの間、自らジャンプw。注射が痛い嫌な記憶はとっとと忘れ、美味しい記憶だけ残ってるなんて、とても良い海馬をお持ち。



イタリアのワンコならチェック必須・リーシュマニア症

さて、今回は夏の終わりのマスト!

リーシュマニア症候群の罹患チェックのために受診しました。リーシュマニア症って聞きなれないですよねー。

リーシュマニア症(イタリア語はレイスマニオージ Leishmaniosi)は、サシチョウバエを媒介とする人獣共通感染症で、地中海界隈やアフリカ、中南米など暑いところで発生し、感染すると死に至ります…。フィラリアとは別の感染症です。

ヨーロッパでは、スペインやフランスの地中海側、イタリアも発症域。イタリアは全土で見られるので、かなりメジャーな病気のひとつなんですよ。

ハエっていうけど、見た目は蚊の方が近い感じ。

イタリア語ではフレボトーミ(Flebotomi)で、シチリア語では「パッパターチ(Pappataci)」。

おなじみのフロントラインも、

ちゃんとフレボトーミ対策付きのがあります!

Zanzare(ザンザーレ)は蚊、Mosche cavallineはウマシラミバエ。

普通の蚊だと夏の夕方が多いですが、パッパターチは夏をピークに春から秋、夕方から夜中、そして明け方まで…と活動時期と時間帯が長いので、なかなかやっかい。特にシチリアは年間通して暖かいので、1年中注意した方が良いと言われてます。



リーシュマニア症の検査は採血してチェック

ボンさんの採血は、おもいのほか…楽。

ピンキー(夫)が下から支えるように抱っこして、私が絶えず(オヤツで)注意を引いている間に、先生が後ろの腿あたりからチュウっと採血します。

採血されている瞬間は固まってめっちゃ不機嫌な顔になるけど、先生もお上手!

ほんの数秒で終わるので、ボンさん的には「は?!」って程度のショックで済むような仕組みですw。ワクチン注射もこの手法。

そうして、何事もなかったように、「ヒャッホウ!」と診察台に乗ったり降りたり、オヤツもらったりしてる間に出た検査結果は…、

今回もネガティブ!

飼い主も、ヒャッホウ!です。

 

数年間にリーシュマニアのワクチンも開発されていますが、防止率は90%。獣医さんに相談すると、それでも(虫刺され防止のみで)無防備でいるより良いかな〜ってことで、来年の春にワクチンを打つことにしました。

「じゃあ、次は2月ごろね」

春…それは、2月w。
シチリアでは、2月はもう春なのです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました