ワクチンの副作用?!ボンさん大惨事!ワンコも”イン・ビアンコ”で療養食

スポンサーリンク

先週リーシュマニア症のワクチン予防接種を受けたボンさんですが、なぜか翌々日に…大惨事に!!!なぜ、翌日ではなく翌々日…。

獣医さんに「副作用でぐったりしたり、下痢したりすることもあるから注意していてね」とは言われていたのですが、翌日はピンッピンしてたので「さすが、頑丈なシチリア犬だな…」などと思っていたのですが。

気を抜いた翌々日の夕方のこと。。。

頑丈なシチリア犬を襲った Oh!リキッド・ゲーリ〜!

唐突にそばに寄ってきて、小刻みに震えながら何か訴えてる?と思った矢先、玄関のドアの前で”伏せ”の姿勢。そしてジッとこちらを見る。

お散歩の時間にはまだ早いよ?

ボンさんは、何か要求がある時「ワン」とも「スン」とも言わないで、ジッと見つめてくるので…なんだろう?なんだろう?

と、考えあぐねていた矢先、

ボンさんから暴発!

…リキッド・ゲーリー(※)が。
※ ハリウッド俳優ではなく液状の○痢。お食事中の方いたらすみません!

獣医さんの救急TELに連絡すると秘書の方。「先生に連絡するから、15分後にまた電話してー」と。

その間に、ゴム手袋をはめて、急ぎ廊下のゲー○ーをやっつける。大量のトイレットペーパーで集めてビニール袋に集め、床は消毒…(こういう時、イタリアのタイル床は便利ですな)。

などとやってる間に先生からTELがありました。

「副作用にしては期間が開きすぎじゃないかしら。なんかお腹壊すようなもの食べたんじゃないかしら…」とのこと。んー…いつも通りの食事しか与えてないよ?

そして、「念の為、お腹の調子を整える乳酸菌サプリ+食事はイン・ビアンコで」と言われました。

イタリアの療養食は、”イン・ビアンコ”!ワンコも人間も

イン・ビアンコは、トマトソースや濃い味付けのない白いパスタや白いゴハンのことで、イタリアの療養食的なもの。日本のお粥やシンプルおじやみたいな感じ。

暴発後、ボンさんはターっとハウスに行ってしまったのですが、ピンキー(夫)が「恥ずかしくなったのかも…」と言うんで、たしかにプライドが傷ついたかもしれない。しばらく1人でソッとしておきました。

しばらくして声をかけると、尻尾振って出てきたので(ホッ)イン・ビアンコのお食事をご用意。

ターキーと白ゴハン。どっちもボンさんの大好物だけに、暴発下痢をした後とは思えない勢いでお召し上がりになられましたw。食欲は健康のバロメーター…。これなら大丈夫かな?

お腹が冷えないように、日向ぼっこも毛布をかけて

2、3日はイン・ビアンコ療養食で、あまり無理させないようにしないと。(絶対に)療養効果のある地中海の太陽をたっぷり浴びて健康を取り戻して欲しいわー。などと飼い主の思惑を知ってか知らずか、バルコニーで日向ぼっこをしていたボンさん。

様子を見に行くと、

毛布かけてる@@!!!

かけた覚えないんだけど。しかもちゃんとお腹あたりにかけてるしw。

干してた毛布を自分でかけたみたいんなんですけど、とうとう自己管理できるようになったか…と感心(たまたま良い具合に落ちただけでしょうねw)。

…強烈らしいワクチンだけに、翌々日にも効き目継続で頑丈なボン先輩も耐えられずに副作用。獣医さんは日が空きすぎと言うけれど、そんな気がしますよ。だって、食事はいつも通りだったんだもの。

それにしてもあのリキッド・ゲーリーを外でやられたら、回収のしようがなかったから家の中で良かった。それに…絨毯や、いや、畳だったら…張り替え必須ですね……。

コメント

  1. しんしん より:

    本当に「ちょうどいいや、これかけておこう」だったかも。。。
    お大事になさってください!

タイトルとURLをコピーしました