予防接種の副作用?!ボンさん大惨事!でも自己管理はできるらしい

先週、リーシュマニア症候群の予防接種を受けたボンさんですが、なぜか翌日ではなく二日後に…大惨事勃発!!!

獣医さんに「副作用でぐったりしたり、下痢したりすることもあるから注意していてね」と言われていたのですが、翌日はピンッピンしてたので「さすが、頑丈なシチリア犬だな…」と思っていたのです。

が、昨日の夕方…。



頑丈なシチリア犬ボンさんを襲ったリキッド・ゲーリー

いつものお散歩の時間ではない時間に、ピンキー(夫)のそばに寄って、小刻みに震えながら何か訴えたと思ったら、玄関のドアの前で”伏せ”の姿勢でこちらを見てる。

「なんだろう?」

外に行きたいのかな?でも時間的にはいつもより早いよ?

ボンさんは、何か要求がある時「ワン」とも「スン」とも言わず、そばに寄ってきて小刻みに震えることがよくあるので、遊びたいのかな?お気に入りの女子が近くに来てるのかな?

なーんてやっていた矢先、

ボンさんから、暴発!!!

…リキッド・ゲーリー(※)が。

※ ハリウッド俳優ではなく液状の○痢。

もう、青ざめました><!!!!

お食事中の方いたらすみません!

 

獣医さんの救急TELに連絡すると秘書のヒトが出てくれて、「先生に連絡するから15分後にまた電話して!」

その間に、取り急ぎ廊下のゲー○ーをゴム手袋つけて片付け、消毒…なんかやってるうちに先生からTEL。

「副作用にしては期間が開きすぎだから、多分…なんかお腹壊すようなものを食べちゃったんだと思うわよ」とのこと。

で、お腹の調子を整えるサプリ(乳酸菌か?)を与えるように&食事はイン・ビアンコでと言われました。んー…何を食べたというんだ…。



療養食”イン・ビアンコ”で療養中

イン・ビアンコは、トマトソースや濃い味付けのない白いパスタや白いゴハンのことで、療養食的な感じ。日本だとお粥やシンプルおじやみたいなもんでしょうか。

暴発後、ボンさんはターっとハウスに行ってしまったのですが、ピンキー(夫)が「ちょっと恥ずかしくなったのかも。少しひとりにしてあげよう」と言うんで、は?と思ったのだけど、プライドが傷ついてるかもしれないので、ちょっと間を置いて声をかけると尻尾振って出てきました。

んー…よかった…元気そう。
いや、むしろスッキリした顔してる。

とりあえず2、3日は先生の言う通り食事はイン・ビアンコです。

ターキーと白ゴハン。なんだか美味しそう…。

ボンさんの好きなものでもあり、お腹の具合悪かったとは思えない勢いで爆食しました。

お腹が冷えないように、日向ぼっこも毛布をかけて

って…かけた覚えがないんだけど!

干してた毛布を自分でかけたみたいんなんですけど、…あり得る@@?!

ビックリした。
様子を見に行ったら、こんな状態。

とうとう自己管理できるようになったか…。
(たまたま風で落ちたのか?)

気づいてあげられなくてごめんね…。

しかし、あのリキッド・ゲーリーを外でやられたら、回収のしようがなかったから家の中で良かったかも。あ、タイル張りなので掃除は簡単なのです。サーっと拭き取って、殺菌系のスプレーでサーっと拭いて、ポイ。絨毯や畳だったら張り替え必須ですね…。

副作用ではなかったけど、謎のゲーリー…。ちょっと様子見です。

 

コメント

  1. しんしん より:

    本当に「ちょうどいいや、これかけておこう」だったかも。。。
    お大事になさってください!

タイトルとURLをコピーしました