グルメなニャンコとシチリアン・バーガー

どうも皆さま、ボンジョルノ♪
とうとう12月…^^;。

つい先日、2018年だー!わー!とか言ってた気がしますがね…。地球の自転が速くなってような気がしないでもない。

ん〜気のせい気のせいと言いながら、あっという間に2020年になっちゃうんでしょうねぇ…(遠い目)。東京オリンピックか…。そして、2025年は大阪万博だそうで!おめでとうございます^^/!

* * * * *

さて、先日行ったFUDにて、なんだかかわいいシーンを目撃しました。

「くださーい」

ニャンコ・ワンコの「くださーい」はかわいい❤️。

イタリアだと、外のオープンスペースなんかで、こんなシーンはよく見かけますが(笑)、このお店ったらとても寛容。

「ください」ニャンコ以外にも、通り道にしてる子もいて、野良ニャンコ・フリーパス状態です。

ついでに、お客さんたちも寛容で「ください」ニャンコに、パンやお肉の切れ端を「ホレ」とあげてみたりなんかしてました。

しかし!これがなかなか食べてくれない・笑!

私たちもチャレンジしましたが、ダメでした。パン、お肉に加えてキャベツや人参も試してみたけどダメ。匂いは嗅ぐけど食べてくれない。

そんなことをしていたら、隣の席のカップルが「ダメだよね〜。グルメ過ぎ!」と共感の声を漏らして肩をすくめてみたりなんかしてました。彼らの足元を見たら、床、きったないことにw!!!

あーチャレンジの結果ですか…。

よく見回すと…どの席の周りも食べ物の切れ端があちこちに。ちょ…きったない・笑!(私たちの足元も、だけどw)ちなみにお店のお姉さんたちも、ニコニコしながら参加してました(掃除はそのうちするのよねw)。

結局、ニャンコは何も食べず、若い女の子の足元に丸まってしまいました。なんだそれー!

いったいなんだったら食べてくれたと言うのでしょう?!

それにしても、猫って何を食べるんでしたっけ?(いつでもどんな時でも、歓喜に沸いてなんでも食べるボンさんと暮らしてると、猫のインテリジェンスというものを…改めて感じてしまう…)

こんなのんきは店FUDは、ブログでもちょいちょいご紹介している”こだわりシチリア素材を詰め込んだ”シチリアン・バーガーの人気店。いっつも混んでるので、最近は”お持ち帰り”ばかりでしたが〜久々のイート・インでした。

ローマ字発音で通じる極上バーガーをお持ち帰り!
ネブロディ山脈の黒豚やラグザーノチーズ、キアラモンティのロバ(!)などなど、厳選されたシチリア素材で作る極上シチリアンバーガーのFUD。 ...

一応食べたもの。

こちらは名物のひとつ、キアラモンテ・グルフィのロバ・バーガー。

はみ出方が凄いwというか、
もう閉じてないw。

最近、日本でもロバ肉流行りだそうですね!

馬と牛の間くらいな感じの味で、
ヘルシーなんだとか。
(馬か牛の方が好きですけどね)

こちらは、安定のベク・バーガー。
ネブロディの黒豚ちゃんのパンチェッタ入り。

相変わらず美味しい❤️。

平日の昼間だけど、
結構地元の大人も(高校生も)来ます。

そして、野良ニャンコもw♪

* * * * *

今年は動画付き♪で現地の様子をヴァーチャル体験
シチリアツアーレポートまとめ


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
イタリア情報ヨーロッパ(生活・情報)の二つのブログランキングに参加中です♪
ポチポチッとクリックしていただけると嬉しいです♡ Grazie!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

●●●お知らせ●●●
翻訳させていただきました♪

イタリア人が見た日本や日本人って?!
思いのほか素晴らしい!!

人気DJラ・ピーナ著
『I ❤ TOKYO(アイラブ東京)』日本語版


イタリアで驚異的ベストセラーになった日本紹介本の日本語翻訳版。
アマゾンほか、全国書店にて絶賛発売中です!

…裏話や関連話はこちら( ̄∀ ̄)♪>>>書籍『アイラブ東京』

スポンサーリンク
アドボン




アドボン




この記事をシェアする

ボン先輩をフォローする