期待高まるアグリの謎ゴハン@マインドフルネス&ヨガ合宿

と、言うわけで続きです。

大雨のリグリアで〜“マインドフルネス&ヨガ合宿“
どうも皆さま、ボンジョルノ♪ この週末、イタリア各...

合宿先はリグリアの海沿い(ただし山の中)のアグリツーリズモ。ゴハンも楽しみ♪



期待高まるキッチンを覗き見

良い香りが漂うキッチンを覗き見…。

トマトに何か詰まってる…けど、「セグレート(秘密)」で詳細は不明。誰もベジタリアンはいないのだけど(むしろ肉食)、どうやら自家製野菜づくしらしい。

ナスとタマネギに何か詰まっている…が、やはり詳細不明。リグリアらしく緑色ですが(←ジェノベーゼペーストの本場w)バジリコではないらしい。



料理はやはり愛情なのかもしれない

アペリティーボのフォカッチャと緑色のソース。

しかしこれも、バジリコではなく〜緑色の辛いトマトのペーストでしたw。ほのかにキュウリの風味。でもやっぱりレシピも秘密なんだそうな。

そしてキッチンで見た何か詰まった野菜たちのグリルを経て、手打ちのラビオリ。

中の具は、ほろ苦い何かの野菜…言うまでもなく詳細は不明。

全体的に味わいのコメントは特にありません(お察しくださいw)。個人的な感想ではなく総じた意見でもあったりなかったり。

なんですかね。料理って優しさとか寛容性とか、作る人の人柄が出るものですね。

 

何が一番美味しかったって、庭で飼育している卵の…

ゆで卵@朝食

手前のあわあわしてるのは、同卵のザバイヨーネ。

イタリアも美味しいものは美味しいけど、そうでないものはそうでもない(当たり前)。期待が高すぎたとも言う…。まあ、ゴハン食べにきたわけじゃないしね…。

続く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました