生まれたてのオリーブの実、終わりのカルチョーフィ…シチリアの豊かな暮らしとグルグルバーベキュー

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

昨日は共和国記念日でイタリアは祝日でした!去年はロックダウン中で、マスク姿のマッタレッラ大統領その他と3色の煙を吐き出すカッコイイ映像が印象的でした。

▼去年のブログに動画あります。

イタリア・ロックダウン解除!6ヶ月ぶりに美容院へ〜(涙)!
どうも皆さま、ボンジョルノ♪ さて昨日、6月2日は...

今年は…見てませんw!ニュースでチラッと…。去年はなんだか国で一丸となって!みたいなムードがあったので(ロックダウンだったし)しみじみ感動しましたけど…^^;。人のココロなどというものは、ゲンキンなもんです。

あ、でも、マッタレッラ大統領の演説の「75年前を思い起こさせる今は、未来を築き上げる時です。誰一人としてかけることなく、我々がその歴史の一部なのです。」は感動しました。ほんと、良いこと言うおじいさんです。



空に向かって育つオリーブの小さな小さな実

未来のオリーブもできてきてます!

プチプチ緑色の小さい子たち。白い小さな花が落ちて、実が出来始めています。

秋にはまた、たわわ〜な実がなるでしょうねぇ。そうやって自然の営みは繰り返されてるんですねーコロナ禍でもねぇ。



シチリアの大地と太陽は万田酵素並み!

コロナ以来、まったく行けていなかった友人の田舎の家にお邪魔して、ぐるぐるシチリア名物のサルシッチャなどをオリーブの木陰でいただいたりしてきたのですが、

まーそれにしても庭の木々というか生物がすごい育ってました。万田酵素(ってご存知?)並みの肥沃な大地とシチリアの太陽。。。

一生使いきれなさそうなローズマリーとボン先輩が埋まるサルビア。

時期外れのレモンもまだまだじゃんじゃか穫れます。

そして…オリーブの木から生えるクルミ…謎!

隣にクルミの巨木があるので、そこから落ちた実がなんとなく生えてきてるらしいのですが、どんな実ができるんでしょうね?オリーブ風味のクルミ?

まーなにもかも好き放題に育ってますよ。



庭木にフィーキ・ディ・インディアはシチリアならでは

フィーキ・ディ・インディアも小さな蕾を出し始めているので、バスバス剪定。こうして実を少なくして、甘くて美味しい実をつけさせるそうな。っていうか、庭木ってレベルじゃないですよね。

畑エリアのカルチョーフィ。季節最後の小さいヤツです。

茹でて食べろといただきました。メルカート的には貴重らしいですが、どうしようかな、今夜茹でるかな…。走りのスイカを食べながら、名残のカルチョーフィをどうするか考えています。風流なひとときでもあります。

帰ってきた本日のイタリア語

fertile
フェルティレ
肥沃な

コメント

タイトルとURLをコピーしました