Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ブドウの収穫体験!と”ニンニクすだれ”10ユーロ

イタリア全土でブドウの収穫真っ盛りな9月頭。

シチリア島南側のメンフィで開催されたワイナリー・マンドラロッサの収穫イベントに行ってきました♪

メンフィと言えば…前回のシチリア食い倒れツアー(旧名称オリーブツアーw)でも訪れて、オリーブ収穫やらおばあちゃんと一緒にパスタ作りなんかをしたところ。ブドウ、カルチョーフィ、オリーブ…シチリアの美味しいものがわんさかたわわに実るのどかな農園エリアです。

DAY2AM~オリーブ畑で収穫&搾り立てオイルに感動!
INDEX:シチリアオリーブツアー2016 まとめ 頭上から降るオリーブに感動!オリーブ収穫体験 さて、濃厚なパレルモDAYの翌日は、いよいよメインイベント!オ ...

食いしん坊なイタリア人4人+日本人1人+状況を把握してないボンと、パレルモからバヒューンと約2時間。

羊が草を食む内陸部を走り抜け、

途中、ガソリンスタンドに寄ると、行商のおっちゃんが旬食材を売ってました。

イチジク、インドイチジク、メローネ・ジャッロにバッバルーチ(カタツムリ)。ちょうどニンニクが切れたとこだったので、ヌビア産のニンニクをお買い上げ〜。ズルッと長〜い”ニンニクすだれ”、1本10ユーロ!でございました。激安ですな。

シチリアの街角や路上には、この手のおっちゃんがよくいます。

 

おっちゃんに「写真撮っていい?」と聞くと、ニンニクすだれをきちんと整えてくれました。

上の写真を撮って「じゃあ、どうもー」と立ち去ろうとすると、「写真送って」と言われたので、てっきりスマホ経由で送るものかと思ったら、「俺、そういうの持ってないんだ…」って。つまり、紙焼きして郵送ってこと!

 

ま、別にそんなに驚くことじゃないんでございますけれども…きっと、おっちゃんのようなアナログ派の方が、実はまだマジョリティだろうから。SNSで個人情報を安売りするスマホユーザーばかりが世の中にいるわけではないんだよな〜となんとなくホッコリしつつも、「住所いただくのも難ですし…」と言うと(それこそ個人情報やないかーい)、

 

「来週火曜日も来るから、持ってきて」とのこと。

 

え、そんなにしょっちゅう通りがかりませんがな(汗汗)。「えっと、ここまで来れるかどうかはちょっと…」とかなんとかモゴモゴやっていたら、ピンキー(夫)がひとこと。

 

「ガソリンスタンドに預けておくよ(いつか)!」

 

すると、「うん、それがいいそれがいい、そうしよう!」とそこにいた全員が納得したので、紙焼きしてガソリンスタンドに預けておくことになりました(いつか)。

 

…おっちゃんは、このいつかを待ち続けるんだろうか…?

 

と思うと、なんかとても切ない。いや、こういう一方的な感傷はおこがましいものかもしれない。いや、でも本当に楽しみにしてくれてるかもしれない。いや、まさかの社交辞令だったかもしれない。いやいや…。となんだかシチリアの内陸部で地元の人と関わると…やたらグルグルします。

おっちゃんは、かつてのように荒涼としたシチリア内陸部から、砂埃をかぶりながらパレルモまで馬車で行商に来ていたような貧しい農民…じゃぜんっぜんないんだけど(実際、車だし。内陸部はぜんぜん荒涼としてないし。しかも農家さんでもないし、その上1900年代初頭でもないし)。

シャーシャ、ピランデッロ、ヴィットリー二…このあたりを読んだことがある方は、きっとこのグルグルする感じ、お分りいただけるのではないかと想像します。

…とりあえず、紙焼きして預けに行こうと思っています(いつか)。

シチリアに来る方には、ぜひこの辺のシチリア近代文学を読んでから来てほしいなーとか思ったりもしますけども。まあ、好き好きですが。

 

そうして、グルグルする感傷的な日本人を乗せた車は、無事シチリア南側に到着。

陽気でテキトーなカベルネのブドウ畑に移動して、レクチャー後、早速収穫開始です!超テキトー!ミラノから(わざわざ)この日のためにきた友人は、”マンドラロッサ帽”をかぶって、挑戦ですw。

メンバーに登録するともらえるマンドラロッサ帽。マンドラロッサ帽とオリジナルグラスを首にかけるとこの日のスタイルが完成しますw。

「この辺の収穫しながら丘を上がってね〜」とのとおり、摘みながら、丘の上を目指す。。。葉っぱが茶色くなっているのは紅葉ではなく、ざっくり言えば、雨が振りすぎたせいだそう。ブドウにはなんの影響もないとのことなので、ガンガン摘みました!

各自手渡された箱は、すぐに満杯。

収穫したブドウは持って帰ることができますが…これ、ひと箱約3キロ。5人分、15キロもいらない…んだけどな…と思いながら、一応トランクにつんでお持ち帰り。

…ジャムにでもしますかね。

収穫後は、藁に座ってお疲れワイン。

 

ひと休みしたら、”土地の美味しいゴハン”とマンドラロッサの全ワイン飲みまくりゾーンへ移動です。収穫よりも、こちらを楽しみにきてる人方が多分多かったです(まあ、そりゃそーでしょうね)。

続く。

パーネ・クンツァート、イワシの炭火焼き…
素朴なシチリア郷土料理満載♪の収穫祭
なんだかイタリアあちこちで収穫期真っ盛り! ツアレポで...

コメント

  1. accaesse より:

    アナログにんにく売りのおじちゃんとガソリンスタンド!!
    数年前、内陸部でガソリンスタンドを探していて、誰や彼やにかまって貰った(?)ことを思い出しました。
    進行方向が反対だったのでジョロ(だったかな?)でガソリンを運んでくれました。
    とても親切にしてもらったので、お礼の気持ちでモディカで買った色々チョコレートをプレゼントしようとしたら、そんなのいいってすごく断られた事が印象的でした。
    結局どうしたか覚えてない。。。懐かしいなあ~
    もし、できれば、プリントアウトした写真がおじちゃんに届くといいな~
    なんて、差し出がましいながら。。。

    • sawabon より:

      >accaesseさま

      >かまって貰って

      wwwwwシチリアあるあるですねw!それにしてもジョロ(?)でガソリン運んでもらうとは、すごい!
      そうですねぇ、プリントアウトして写真持っていきたいです(いつか)。
      また、ぜひシチリア内陸部(限定w)に遊びに来てください♪

  2. しんしん より:

    私もかなりのグルグル派。。。
    日本でもグルグルはあるのですが、シチリアの風と土だとこのおじいちゃんが”荷を引くロバと共に歩く姿”にすんなり変換されてしまうので、グルグル度が深くなるような。
    しかし、挙げられた作家名にじわっと涙しながらも「ヌビア産ニンニク、いいなあ」と呟いてしまいました(汗)

    • sawabon より:

      >しんしんさま

      あ、やっぱりw。
      ぐるぐるしますよね〜シチリア内陸部。
      ヌビア産ニンニク、このふさふさ量で10ユーロはお得ですよね^^!

タイトルとURLをコピーしました