島の裏へ!恐怖の崖っぷちロードで地中海に叫ぶ

フィリクーディ島は小さな島ですが、そのほとんどが山。

ボンさんが泳いだ沖合いから見た島の裏側。

何があるんだろなーと、
グーグルアースで見学したりしてみると、
たまに家っぽいのがあったりするんだけど、道はなし。

どーゆーこっちゃ?

なんて話をしていたら、
人の行ける最後のエリア。みたいなところに、
ピンキー(夫)をはじめフィリクーディ常連仲間の一人が、
別荘を持っている、と言うではないですか。

ただし、山道を徒歩のみで約1時間。

そんなところに別荘とは。。。
どんな原始生活をしているのかしらん。
井戸かしら。火は起こすのかしら?

で、写真を見せてもらったら、ド・びっくり!

センスあふれる超絶素敵なインテリア!
…インテリア雑誌にも載ってたりしました。

はぁ?どーやってこの家具運んだの?
電気ガス水道あるってこと?

聞けば、その人は某国の王女さま。
なるほど。経費など考えなくてもよい人が、
誰もいない究極の別荘を作ったっちゅーわけですか。
本物のセレブリティは観光リゾートなぞには、
ご興味ない、と。

ふーん…。

ま、でも家具を納入できたってことは、
そんなハードな道でもなかろう。
旅の記念に、セレブのお宅でお茶の一杯でもご馳走になろうかね。
と、山チャレンジに出発した次第でございます。

山歩きにはちょうどよい曇った午後、
目的エリアへの入り口へ。

はーこの程度なら、大丈夫かもー。と、
のんきに写真を撮りつつ、進みますと、

だんだん、周りの地面が無くなっていきました…。

え?なに?山道って山の中にある道じゃないの?

ガードレールとかないんで…
うっかり転んだら、美しい海にまっさかさまー!

「落ちる前にその辺にひっかかるよ」

というピンキーの言葉は、なんの慰めにもなりません。
その辺って…トゲトゲのサボテン祭り。

しかも、不規則な石畳(?)でつるっとした石の上に、
ちょっとした砂やら小石が乗ってて、

す・べ・る・んですけど!!!

つかまるところは、崖に生える雑草。
やばいやばい、危険すぎる。
もうほとんどまともに歩けません><!

見た目はなだらかなんですけどね。
実際、道に立って、
背の高さから見ると、
もう、道の横は断崖絶壁。にしか見えないもんなんですよ。

写真どころの騒ぎじゃなくて、
ヒーヒー言いながらもなんとか進んで、
約2時間ほど経った頃…
(おかしい。全コースで1時間のはずなのに…)

上方に木の根っこ。

何これ、崩れてるじゃん。。。

怖い…。

涙目になりつつここから少し進んだところに、
なぜか道の脇に竹で作ったガードレールがありまして、

「ああ〜!よかった!
知恵のある人がこの島にもいるのねー!」と、

グッとつかんだら、

グイ〜ンと道の外側、つまり崖の方向に持ってかれた…。

ぎゃぁぁぁぁーーーーーー!!!!

なんとなく止めてあるガードレールで、
下の方を見たら、中に浮いてました。。。

本気で寄りかかってたら落ちてた〜ウェーーーン><!

もうやだ、もうダメだ、
こんなガードレールで騙してっ!
イタリア人はやっぱり信用できない!
テキトーすぎる!と叫びつつ、
それでも進んだ先に見えた、

この登り坂で…

ギブ・アップ〜!!!!

はい、終了〜!

だって、よく見て?
細い砂利道が、しかも斜めってる!海の方に!
万が一、無事に登れたとしても、帰りは下り。
勢い余って、ズルッと…
あーダメ、もう怖い。無理無理無理無理!!!

とっとと向きを変え、元来た道を一目散。

そして振り返ってみると、ギブアップした道が見えました…。
下、マジ、崩れかけの崖やん…。

ちなみに、見えている家屋は廃墟です。
で、件の別荘は、この廃墟村の上にあるそうな…。

はぁ???なにこれ!
こんな廃墟しかない村に別荘作るとか、
どんな酔狂なの?!
家具を運んでる最中に、
きっと何人も島人が落ちて死んだに違いない。
(↑確認したけど、それはないそうです)
発想が、ピラミッド作ったエジプト王と同じ!
そんな血塗られた別荘、見たくないわっ!

なんか…だんだん腹が立ってきました。

で、怒りを歩くパワーに変え、
ズンズン歩いていたら、
今度は、スニーカーの底がはがれたのです…。

エジプト王に呪われてるっ!
もう、やだーーーーーー!!!

ベロベロした靴底を引きずって歩くと危ないので、
ベロットはがし、
上から見ると靴だけど、下から見ると靴下。
というコントみたいな状態で、進む…。
進むしかないから…。

しかし…靴下の方が歩きやすい事実も発見。
地面をキャッチするからでしょうか?
地下足袋ならよかったかもしれません。
それに、不思議なことに、
恐怖のせいか、ちっとも足裏が痛くない…。
人間の身体って適応力あるんですね!

怒りwと発見の感動に包まれつつ、
必死に汗だくになり進んでいると、
上の方から、声が聞こえました。

「おやおや、靴下のお嬢さん。
少し休んでいきませんか〜?」

え?幻聴?

振り仰ぐと、優しいおばちゃんが、
猫と一緒にこちらを見てるではないですか。

それは、

恐怖の崖っぷちロードの途中の洞窟に住んでる、
おばちゃんなのでした。

…もう、クセがすごい><!
人口約200人の島に、自由な人が居過ぎじゃのっ!!

天女のようなおばちゃん。
いただいたお水は、命の水。。。
ちょっと休ませていただいた上、
杖までいただいてしまいましたwwww。

まーここまでこの道を怖がる人は、
今まで2回だけ見たそうです。
そのうちの一人は私。もう一人は友人母w。

やっぱり高所恐怖症でなく、ちょっと鍛えてる人だと、
サクサク1時間もかからないんだそうで…。
おばちゃんはサンダルで往復するそうです。。。

全行程4時間ほど、喚き散らして、
もう、心も身体もボロッボロ。

こういう道を歩くと、
自分が自分の身体をぜんっぜんコントロールできていないと、シミジミと感じます。
そもそも自分に相談もなく、よく体調悪くなるし、
自分の許可なく、平らなところでもつまづくし。
インナーマッスルもないから、体幹グラグラだし。
身体が勝手な行動をとりがち。

身体を鍛えるって、意思と身体を一致させることなのかも。
で、健全な肉体になれば、
おのずと健全な精神は宿るでしょうね。
身体の不具合で文句なくなるしw。
昔の人はいいこと言いますね。

ボンは、心と身体が一致してるんだろうな…。
腕の力も失われ、ピントボケボケ↓。

一方ボンさんは、海より疲れなかったみたい。
(椅子の上に上がれてる)

明日は出発。プチバカンス最終回。に続く。

毎年恒例!秋の食い倒れツアー♪ご参加お待ちしてます!


2017年秋は、北イタリア・ピエモンテへ!
イタリア最高峰のワイン・バローロや白トリュフ、そして各種チーズ…。ワイナリー訪問や家庭料理レッスンなど、”美味しい”体験盛りだくさん♪

◆◆◆詳細・お問い合わせはこちら(パンフレット)から!


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
二つのブログランキングに参加中です♪
ポチポチッとクリックしていただけると嬉しいです♡ Grazie!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

島の裏へ!恐怖の崖っぷちロードで地中海に叫ぶ
ボン先輩のFBページで、ブログやInstagramの更新情報をアップ中!いいねでCHECK IT OUT!
スポンサーリンク
アドボン1
アドボン1

この記事をシェアする

ボン先輩をフォローする