注射コワイ?なら気をそらすのが最適!ボン先輩はオヤツで、飼い主はバンビで

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

飼い主が2回目接種終えてホッとしたところで、今度はボン先輩がワクチン、ワクチンです。

▼飼い主の2回目接種の模様

ワクチン2回目接種完了!副反応日記と、初めて見た!ビックリ”小指打ち”
どうも皆さま、ボンジョルノ♪ と、いうわけで今週、...

ボン先輩は”リーシュマニア症候群”のワクチン

先月、定期ワクチン(混合)を打ったので、間をあけてリーシュマニア症候群のワクチンです。

▼イタリアも対象地域!リーシュマニア症候群って?

俺、(おやつもらう)準備万端!ー犬のリーシュマニア症検査
こらこらこら…^^;。 こちら、獣医さんの診察台で...

血液検査でネガティブを確認してから接種の順番なので、注射2回。ボン先輩は、乗り切れるのだろうか?



獣医さん=オヤツのお姉さんが大好き!

なーんて心配は、まるでなし。

いつでもどんな時でもなんでもかんでも頼り切って9年目。ボン先輩の性格嗜好をよく心得ている美人な獣医さん(今日は、水玉をあしらった白衣ですw)

「この犬を操るには、オヤツ」

挨拶代わりにバクバク食べるボンさん。

注射中に気をそらす用のオヤツも用意しておいてくれるので、楽チンです。

血液検査&ワクチンと2回の注射の間、飼い主が”一粒ずつ”オヤツをあげて(気をそらして)いる間に、さっさと終了〜。もしかしたら、チクっと針が刺さったのも気づいてないかもしれませんw。

注射がコワイ人は、”気をそらす”のが一番ですね!飼い主も注射が相当怖い派(それでワクチン1回目は医務室行きになってますけど)。しばしば行く近所の採血ラボでは、こんな心遣い↓に助かってます。

▼ロックダウン開けに採血に行った時の話

イタリアの病院の感染対策と”採血恐怖”対策〜パレルモの血液ラボから
どうも皆さま、ボンジョルノ♪ コロナ状況も落ち着い...

ワクチン大規模接種会場に、バンビはいなかったのが敗因か。



毎年打つと副反応は軽くなるのか?

リーシュマニア症候群のワクチンはちょっと強いのか、毎回ちょっと副反応が出ます。今回もちょいとぐったり気味。

でも、大丈夫。今回は、下痢してません!よし!

ワクチンも回数打つと副反応が減るのだろうか?コロナワクチンは2回目の方が強いけど…来年、再来年も打つようになったら、副反応も軽くなるのかな?ファイザーの3回目ブースーターはやめて欲しい!あんなにドキドキして打ったのに、追加とか。もうヤダ!から、デルタ株の感染拡大は抑えて欲しいですが、明日はEURO2020イタリアVSイングランド決勝戦。あちこちで盛り上がる準備中。…どう考えても、感染拡大コースですわね(白目)。

ふぅ。
Buona domenica!

コメント

タイトルとURLをコピーしました