美容院もオープンエアがシチリア流?まだまだ終わらない感染対策

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

今日もカラリと晴れたパレルモですよ。「蒸し暑い!」なんて声も聞こえるけど、湿度は60%なんですけど…甘えてますね。そんなシチリア人は一度梅雨のジャパンに行ってみると良いかも…(もちろんコロナ騒動が終わってから)。

イタリアの感染状況はクラスターが出たりしたけど落ち着いていて、6月30日はこんな感じ。

全国の新規感染者+142(48,273検査)、死者23名。うち気になるロンバルディア州が62名。シチリアは+2名…シチリアだけでも2,521検査して陽性率は0.08%とはいえ、まあ、まだ終息はしてないのだなぁと感じる次第。

対策は引き続き頑張ってますよ。



なんなら外で切り始めそう…オープンエアー美容院

ほら、美容院の待合室もとうとう外にw!しっかりテーブルも置かれてました。

この前、血液検査も外で待ったけどね。まあ、海風が気持ち良いので(ただし日陰)これもありです。そのうち外でカットし始めるかもしれません。

なぜならパレルモには、オープンエアー美容院自体が存在するからw!ギョッとする発想でもないのですよ〜。

パレルモの旧市街の街角(以前撮影したものなので、マスクはなし)

一応、イタリア第五の都市で州都ですけどね〜のどかです。

もう外ではマスクなしOKだけど、室内ではまだ要マスク

バールや店舗では、今もマスクはマスト。真面目にちゃんとつけてますよ。

水着にマスクは今年のトレンド

公共交通機関に乗らずに済むようにイタリア全土で自転車がとても増えました(政府の助成金もあり)。電動キックボードも増えたなぁ。←欲しいけど事故多発中で悩みどころ…。

そして、馬も。

うそw。騎馬隊はコロナに関係なくいつもいます。

まだまだ対策は怠れませんが、握手もハグもバーチョ(キス)もしないし、マスクはオシャレアイテムのひとつだし、密も避けるのが当たり前になってます(密ってる人たちはたまにいるけど…避けるのみ。密警察はいませんw)。

人って慣れるものですな。

イタリア人は割と素直に規則に従ってるようだけど、それもやはり…あの酷い時期があったから…かもしれません。もうあんな思いはイヤだ。が抑制につながっているのかな。と言いつつも7月中旬からロンバルディアでディスコテーカ(クラブとかそういう系)が再開するとか。いわゆる夜の街的密が発生する空間…ちょっと心配です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました