パレルモ旧市街でオープンエアのクラシックコンサート♪ 感染対策とプチ動画

どうもー皆さま、ボンジョルノ♪

やだわ、すっかり涼しいわ〜。昨夜は、パレルモ旧市街 の小さな庭園でコンサートに行ってきましたよ。

病弱&ビビり夫婦はできれば出かけたくないのだけどw、友人カップルに誘われて仕方なく…というか、「人が集まるところに行きたくない」と言ったら「ソーシャルディスタンスは、バッチリ。それゆえ限定100名なのだ。」と言われ、限定という言葉ので、つい行ってしまった次第。

行って驚いた!←感染対策をちゃんとしてたw!(←パレルモ人のやることは基本的に信じていないのだけど、やっぱりコロナ対策は慎重なのだなぁと実感。クレアトラベラーに書いたことが嘘にならなくて良かったと、マスクをしてる人を見るたび思っていますw。



オープンエアでも社会的距離も検温もしっかり

入り口に感染防止のご案内。

検温、マスク、ソーシャルディスタンス、手指消毒の4種の神器がマストになってます。

そして「症状ない」「感染者と接触歴ない」などの証明書?にサインをして、万が一のための連絡先を記入して着席。

検温したら皆んなが35度台だったのが気になりましたが、まじめそうな感じが安心感ありました(検温器の性能は心配)。

それにソーシャルディスタンスを保った席は、涼しくてよろしい。



石造りの建物によく響く生演奏にワンコもうっとり

旧市街のかつて貴族社会が華やいだ時代に、馬車道だったアローロ通り沿いの一角にある小さな庭園公園。周囲を石造りの建物が囲んでます。

西欧で開発された楽器は、こういうシチュエーション(石に反響)を想定して造られたなどと聞きますが、教会然り。そのポテシャルを十分に感じさせられます。

↓インスタにアップした動画だけど、聴けるかな?

涼やかな初秋の海風がそよぐ中、生演奏のモーツァルト、ヒンドミット、エルガー。建物だけ見てゆったり聞いていると、何時代にいるのかよくわからなくなりますw。

ご近所の方は良いですね〜家にいたまま生演奏かー。

そう、周囲は生活圏。時おり子供達の騒ぐ声(夏は夜中まで遊び時間!)やマンマの怒鳴り声wなども聞こえ、大変微笑ましい。

そもそも開催時間は決まっているけど、出入り時間は自由だし、席に飽きたらその辺のベンチや段差wに移動もできるし、タバコもOKだし、ワンコ連れもw。

クラシックコンサートでも面倒臭くなく、「生活の中のちょっとしたひととき」にするっと組み込まれた感じがまたパレルモらしい。自由な空気感もまたひとつの癒しです。

大人しくリラックスして聞いていたワンコ。ええ子やね。

ボン先輩もつれて来れば良かった〜。

オープンエアーの”室内楽”は、気候の良いパレルモの伝統的なイベントのひとつ。旧市街には、小さなオープン音楽堂がいくつも残っており、当時の暮らしを豊かに彩ったであろう歴史を忍ばせます(第二次世界大戦や経年劣化で消失したものもあるけど)。

この庭園はコンサート用ではないけれど、十分機能しているのでしばしばこんな感じのミニコンサートを開催予定だそう。文化観光庁絡みのイベントですけど、イタリアの文化事業はしっかり市民に還元されてる(ものもあるなw)と感じます。

今度はボン連れで行ってみようと思いますよ。うん、癒しが必要な時は、自ら癒されに行くってのは大事な行為ですね、うん。

帰ってきた本日のイタリア語

musica da camera
ムージカ・ダ・カーメラ
室内楽

コメント

タイトルとURLをコピーしました