予告なしで急な断水!でイタリア人は

スポンサーリンク

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

空は青く輝き、海風がそよぐ爽快な5月。昨日はズームおしゃべり会をして(東京・ソウル・パレルモを繋いだよ♪)、気分も上々↑ご機嫌で日常に戻ったところで、

水が出ない!

ことに気づきました…。キッチンも洗面所もバスルームも、ありとあらゆる蛇口をひねってみても、何も出ない。

手がかりを探しに外へ

どゆこと?!と情報を探しに外へ出ると(情報は待っていてもやってこないのがイタリア暮らし…)、ご近所さんがざわついていました。

どうやら、うちのパラッツォだけで急に止まったようです。

管理人に電話をし、折り返しを待つと「修理業者さんは明日の朝来てくれることになりました」とのこと。

つまり、明日朝まで水なし?!

仕方ない…などと口々に呟き、各家に戻ったわけですが、よく考えると緊急事態ではないですか?

たしかに19時過ぎではあったけど、緊急対応ですぐ来てくれないの?などとは誰も発想にないあたり、相変わらずです。

そんな私も家に戻り、ランチの食器がそのままそこにある流し台見て「ハッ!どうすんの、これ…」と緊急っぽさに気づいたのだけど。

…食器は良いとして、歯を磨けないしトイレも流せない。植木に水もあげられない。美容にもこだわるキラキラとした友人たちをzoomで見て、せめて毎晩顔くらい洗おうと思った矢先だったのに。。。

じいさんは山へ芝刈りに、ばあさんは川へ水を汲みに

そこへピンキー(帰宅)。どうする?ミネラルウォーター買い足しとく?などと話しているうち、「バケツを持って隣のパラッツォのピッポさんに水をもらいに行く」などと言い出したので、「え。それならモンテ・ペレグリーノの湧き水の方が気を遣わないんじゃない?」

ということで、車で山へ水汲みに!

歩きやすいようスニーカーを履くと、お散歩かと浮かれ出したボン先輩を「緊急だから待っててね」と説得し、車を発進したところで、「あ、実家の方が近いね」と気づいた2人。行き先を山から街に替えました(気づいて良かった)。

「空のペットボトル等に水を用意しておいて」と電話をしながら、シャンプー中とか土いじり後とかに断水にならなくて良かったし、山に水を汲みに行かずに済んで良かった良かった。と、早くも「水無の夜」を乗り切った感満載で、陽気に実家に向かいました。

玄関先に用意された水たち

…戦下の人々を思えば、ひと晩くらいどうってことない。

途中で遭遇した別の階の人も「これから実家に帰るー」と言ってたし、他の住人たちもきっとなんとかしてることでしょう。

夫婦2人+犬1匹がひと晩で使った水の量は…

空ボトル、ワイン用のポリタンク、床掃除用のバケツ…に計42リットルの水を車に積んで、

エレベーターに積んで降ろす…

家に戻ると、玄関階に張り紙が出てました。

水の汲み上げポンプが一時的に故障中(地下の貯水槽からくみ上げる仕組みです)

そうか。やはり、汲み上げポンプか。とここで知る。

夕食は、買ってきたサラダパックに義母作のサーモンのトルティーノ、チーズなど、できるだけ食器を使わないもので構成し(サクッとデリバリーにしなかったのは、前日がお持ち帰り中華だったので「2日続けて外のものはイヤ」とピンキー(夫)が健康わがまま発動したから。コンビニがあればな〜〜とは思うけど、なければないでなんとかなるね) ボン先輩の散歩帰りの足洗いや人間の歯磨き等をして…夫婦2人+犬1匹で、一晩で4リットルしか使わなかった…(飲料用のミネラルウォーター除く)。

節約すると、水って結構使わなくても済むもんなんだなーとなんか感心しました。お風呂は入ってないし、食器も洗ってないけど…。

そして、今朝きっちり8時半から作業が始まり、9時過ぎには復活(ホッ)。水あり生活に戻ることができました。

ちなみに、管理人さんからは「復旧しました」のお知らせもなければ、「ご迷惑おかけして…」とか「今後はこんなことがないように…」などもありません。けど、言われても仕方ないし誰も期待してないから問題なし。

たったひと晩だし、水が出ればそれで良い(1週間とかになったらさすがに問題になるでしょうけどね、補償とか)。細かいことでゴチャゴチャ言わないし言われない感じ、好きです。

残った約38リットルばかりの水は…どうしましょうね?お返ししようかしらw。掃除とバルコニー菜園に使うかな〜。

ひねると水が出る。
素晴らしい発明ですね。

どうぞ良い休日を!
Buone feste!

コメント

タイトルとURLをコピーしました