Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

眠れない…夜はバレリアナ!不眠はハーブ治療が当たり前のイタリア

どうも皆さま、ボンジョルノ。

なんだか忙しかったり、環境の変化で日中の緊張度が高まると寝付けなかったり、眠りが浅くて夜中に目が覚めちゃって、朝までそのまま眠れない!なんてこと…ありますよねぇ。

のんびりモードのパレルモ暮らしでも、そりゃあります。



神様の睡眠薬?!バレリアーナ

だぁ〜!緊張してなんか眠れない!最近ちゃんと寝てない!とか言うと、たいていイタリア人の皆さんに、「バレリアーナおすすめ〜」と言われます。

バレリアーナ Valerianaとは…、

原産地 ヨーロッパ、西アジア 精神や神経を鎮め、眠りを深める鎮静効果が有名なハーブ。副作用もないことから、「神様の睡眠薬」と呼ばれ、 不眠症、ストレス対策などに使われてきました。また、筋肉の緊張をほぐす効果もあるので、首や肩のこり・緊張性の 腹痛・胃痛・月経痛などにもオススメ。最近の研究では、ストレスや不安に起因する高血圧、水分代謝の促進、 ガス腹にも……

日本で初めてのサプリメント専門店 Healthy-oneHPより

ですって。



神様の睡眠薬って、すごい。神様って寝るんだ…。←そこじゃない。

イタリアでは正露丸レベルの認知度&常備薬

イタリアには2種類の薬屋さんがあります。ひとつは普通の薬局ファルマチア。もう一つはハーブ専門のエルボリステリアで、ハーブ由来のお茶から薬から、コスメから売ってます。

症状に合わせてお茶の調合もしてくれます。

んじゃエルボリステリアの方かな〜と思いきや、普通の薬局の方で売ってるという驚き。イタリアでは相当認知度高く、正露丸レベルで浸透しているハーブ薬なのかと思われます。

いちいちパッケージがカワイイ。

イタリア暮らしはハーブの世界への入り口…

別にオーガニック!ビオ!ヨガ!髪は染めずにグレイヘア!なナチュラル至上主義な人間ではぜんっぜんないのですが(インスタントラーメン食べるし)、何かって言うとハーブハーブなイタリアにいると知らず知らずのうちに、ハーブの世界に誘われがちなんですよね。

情報感度高目で反モンサント系、かつ影響されやすい人たちが、周りに多いからかもしれませんが…。

白砂糖はダメ!茶色系の砂糖は着色してるって!じゃあ白砂糖で!…どっちだよ!みたいな渦にしばしば巻き込まれますw。



自然療法士のチンチアさん宅ではさらに濃厚に”生ハーブの世界”に誘われますが、これが結構普通に効くので、ハーブのチカラってのはあるんだなーと実感してるし、まあ、身体に悪いものでもないので良いかな〜とゆるく親しんでいる次第。

この前行った時にご馳走になったチンチア・ティー(と呼んでいる)。

アニス(六角)、クローブ、カルダモン、レモンピール、シナモンのブレンド。

もはやハーブティーではなく、デコット(煎じ茶)で本格的。効果は、消化を助けてスッキリ気分向上でございます。

こちらでも紹介しましたが、花粉症などのアレルギー症状に効く煎じ茶も。

花粉症にも!ネトル(イラクサ)のハーブティ
ヨーロッパで長く愛される春のハーブ、ネトル(西洋イラクサ) 花粉症の季節ですね。イタリアでも杉に限らず花粉症に悩む人も多いです。 チンチアさんも花粉症…。 自 ...

西洋医学が発達する前にも人間は生きてたわけだし、その頃からの工夫と経験則の恩恵に預かる感じですかね。中国の漢方しかり。

昔々、医療も担当していた修道院発祥で、今は普通にそこらへんで売ってる食後酒「アマーロ」だってハーブのブレンド酒だし、イタリアではハーブのチカラにお世話になることが多々。

俺のシャンプーもラベンダーなんだぜ!

ま、なんでワタワタしてるかっていえば、久々の帰国です!なのにボンさんの体調が悪くなったり、ウ○コ警察に遭遇したり…(←明日アップするよ〜ww)仕事調整したり。なんやかやで…(白目)。ブログを書くのは一種の癒し。

バレリアーナ、効いてます。
すっごい寝られてます。
飛行機でも飲んで爆睡する><!

※効き目には個人差があります。と一応書いておく。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました