久々の外食三昧でも「俺、余裕!」お利口なボン先輩を邪魔した飼い主

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

 

切り替えが早さは俺の特徴

栗色のボンさん。

本当は牛だったんじゃないか?の疑惑が生まれたラグーザ。

衝撃の事実!ボン先輩は牛でした〜雑種犬の奥深さ
どうも皆さま、ボンジョルノ♪ 昨夜の地震、大きかっ...

今回の旅は、オール外食でした!コロナもホント、おさまってきましたね〜。まだ感染対策MAXでケアしていますが〜ほとんど日常が戻ってきた感じです。

さて、アペリティーボ替わりにお邪魔した友達の友達の店で。大人数でテラス席にテキトーに座ると、ボンさんとなんとな〜く離れ離れになることもあり…そうすると、ちょっと不安そうな顔で見てきたりするのが、可愛くてたまりませんw。

「遠いね…」

女子中学生じゃないんだからさ、遠いったって3mくらいじゃない?!なんて励ましつつ内心は、うふ。っとなったりもします。ふふふ。

「ま、いっか!」

え?切り替えが早いな…陽気なシチリア犬め…。

「おばちゃ〜ん、チーズちょーだい」

そっちじゃないだろ〜と切なく凛々しい背中を見つめたりする飼い主9年目の秋です。

実は最近ボンのインスタグラムのストーリーでボンのストーリー(趣旨は違うが意味はなす)を始めましてね。保護施設で出会った時のことから、今日は初めてバルコニーに出た時の写真をUP。小さな可愛い背中(↓)を見た後に見ると、なんて立派な牛、いや犬に育ったんだろうなーとちょっと感慨深くなってます。

初めての街のざわめき、初めてのバルコニー〜初めて我が家で迎えた朝
保護施設から我が家に到着した翌日は、パレルモらしいポカポカ陽気。ややヤンチャ犬の片鱗を見せつつ、ぐっすり眠ってちょっと余裕が出てきました!街中にある我が家で、初めての朝を迎えたボンちゃん。家の中まで届く朝の活気が、ちょっと気になる様子です。

一人遊びが得意なのも俺の特徴

こちらは夕食にお邪魔したリストランテにて。山の中だけど魚介盛り合わせやシチリアっぽいパスタ、希少なモディカ牛のビステッカボンのお母さんかもしれないのにね…w)などをいただき、おじさんたちが仲良くカッサティーナを分けっこしている間、

何か夢中になっていたボンさん。

頭隠して尻隠さずw。

外食時は徹底して放っておくのがコツ。構うと構われ続けたがるけど、放っておくと諦めて大人しく寝ててくれたりします。でも…なんか楽しそうなお尻をしていたので、思わず「何してるの?」と声をかけてしまって失敗w。

「なになに〜?遊ぶー?」

イタリアは、そもそも犬同伴不可のお店の方が少なくて機会が多いので、外食マナー(?)もしつけの一つなんですよねー。

久々の外食三昧で心配しましたが、三つ子の魂百までもなのか、飼い主が邪魔した以外は大人しくできました。ええ子やね。

そういえば…外食と言ってもテラス席ばかり。約1年半、完全に店内飲食を伴う外食をしていない!ことに今、気づいてちょっと驚いてますw。

コメント

タイトルとURLをコピーしました