衝撃の事実!ボン先輩は牛でした〜雑種犬の奥深さ

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

昨夜の地震、大きかったですね。大丈夫でしたか?都内、震度5強だと3.11と同じくらいですよね。。。被害がないことを祈ってます!

一昨日、友人とのオンラインおしゃべり会で、「イギリス人から「地震が多い国なのに、なぜそこに住むことを選択しているの?」と聞かれて答えに窮した」って話を聞いた翌日だったので、タイミング的にちょっとビックリ。←しかし、地震の有無で住む国を選ぶなんてことがあるのか…このイギリス人の発想も面白いな…と思いましたよ。

さて、ラグーザ旅の話の続きです。
▼なぜか記事が途中から消えてました…復元しました(謎)。

「監視体制はバッチリです!」犬の対応力に感心した朝
どうも皆さま、ボンジョルノ〜♪ 急に暑い…。ここ数...

今回の旅で、ボン先輩の衝撃の事実が発覚したことをここに告白しますよ!



ボン先輩色の絶滅品種モディカ牛たち

巨でかいシチリア島の西から東、反対側へ行くなら是非とも訪ねてみたかったラグザーノDOPの生産者。友達に紹介してもらい、珠玉の農場に行ってきました。

大切に飼育されている数百頭のモディカ牛たち(の一部)。

どうも…デジャブ…。

うちの…ボンさんに似てない?

「もしや…?」ボン先輩も気づいた様子!

ボン先輩も最初はなんだか照れていましたが…

「…近いっす」

「あれ?もしや…」

「俺のお母さん?!」

チュッ。

とうとう…出会ったのかもしれません。保護されてから探し続けたお母さん…(いや、探してないです)

「あ、…アナタは違うと思います…」

「ほらほら、こっちにもお母さんいるよー」とピンキー(夫)に促されて、混乱気味のボン先輩。いっぱいいて混乱するねw!

どの方がお母さんかわからないですけど、ボン先輩って牛だったんですねー(違う)。



ビビリだけど気が強い…そんなところは牡牛譲り

子牛はサイズ感も近くてシンパシーを感じる。

牡牛はなんだか気合い入っててコワイ。

なんじゃ、やるんか、グオラッ!

そんな気の強いところも受け継いでいるんでしょうか?

「なんか用?」

こらこらw。犬に感じ悪いなぁw(雄犬だからね)。牛の自覚が出ちゃったかな?

雑種犬は奥深いですね。ルーツをめぐって想像の翼が広がります。

続く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました