サスティナビリティの犬服!飼い主の古着をぶっ壊して作るボン服2020年冬版

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

なんだか寒くって、やっと…暖房つけました!(10分くらい)

ボンさんもちょっぴり寒そう。アンダーコート(ハスキーとかはモッフモフ)のない夏仕様のシチリア犬だけに、毎年、何かしら服を着せてます。去年はカッコ良い先輩っぽいジャケットテキトー手作りじーさん風チョッキ…など。



あれ?もしやこれは今流行りのサスティナビリティ?!

手作り服に関しては歴史があります。一番似合ってたのはハイネックのブラウンセーター@製作時間10分。

味噌ボンからパリボンへ
ボンちゃんがまーるくなって寝ていると、 色の関係も...

昨年の敗因(じーさん風のベストチョッキが脱ぎ捨てれていた件)は、首がなかったから。

という反省を踏まえ、さっき作ってみました。

犬に見えない細長さ。ほんっとなで肩ね〜(´∀`;)。

今回は、パリ〜❤︎で買ったカシミアよ〜。とか言って、もう着すぎてボロボロだったので…断捨離兼ねたエコ再利用。

そう、今流行りのサステイナビリティ!

正確には「なんか捨てるの惜しいな〜」なセーターを型紙も取らずにぶっ壊して、直当てしてサイズを測り、テキトーに縫い合わせるという暴挙ですけど、まあエコよね、エコ。

今年の”暴挙犬服”のポイントは色違いのボタン♪

Vネックの長袖セーターだったので、袖を利用して首を作ってみました〜。

「ん?」

ボタンを外して脱ぎ着ができるようにしてみました。

「ん?」

どうしても振り向くボンさん❤︎ポカポカで相当気に入ってくれています。

製作時間、今年は1時間とちょい長めでした(サイズ測るたびにボンと戯れることになるため)。面倒臭がらずに型紙から作ればもっと早そう。

ピロピロしてる裾と袖をなんとかしようかな…などと思ってるけど、家で着るだけだから…まあ、いっか。それより、ヒラヒラした耳が冷たくなりがちなんだけど、犬用耳カバーというものはあるのだろうか?耳カバーを作ってみようかな〜♪(´ε` )。

コメント

タイトルとURLをコピーしました