腰痛犬ボンさん、再診してきました!診断結果の伝え方がすごくイタリア的

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

ボン先輩の腰痛問題で1日の120%くらいが埋まっています。心配で心配で…心配を軽減するために、食べ過ぎて太りましたw!で、今日は再診に行ってきました!

次回のレッスンの開催決定しました!

▼詳細は画像をクリック♪

陽気なおしゃべりで気分転換♪お気軽にご参加ください!

24時間つきっきりの完全介護で飼い主が太りました

週末から今朝にかけては、ほとんどベッドから動けず状態。私が動くと一緒についてきちゃうから…身動きとれず!

日・月とこんな感じ(↓)でボン先輩を挟み続け、お尻がうっ血しましたよ。。。

足に挟まれてると安心感があるのか?

時おり希望に合わせてマッサージ。「お客さん、座り仕事が多いんですか〜?」「腰のあたり凝ってますねー」などと言っても、お返事はなく…なんだかとても虚しかった…。帰国した時のマッサージでは、声かけられたら面倒臭がらずに答えようと思いましたよ。

こんな状態だと、もうYoutube見ながらポテトチップ食べること以外、何か他にできることある?って感じでね…。

「俺…治るのかな…」

しばしば遠い目をするボン先輩を介護しながら、1日1回処方された消炎剤を飲ませております。



確定は避けるけど、だいたい確定なイタリア的診断

そして今朝、再診へ。

また「ボンチャ!だいぶ良くなってる!」と主治医の陽気な一発診断から始まりました。

▼前回の陽気なー発診断

犬の「体調不良」は何でわかる?”いつもと違う”ボン先輩のおかしな様子…獣医さんが一発診断(お見事)
どうも皆さま、ボンジョルノ♪ 昨日は、マフィア話の...

「さあ今日は、背中を触らせてくれるかな〜?」とマズルカバーをして(痛いと過敏になって先生を噛む可能性があるから)触診。

がんばれーボンちゃん(ボンチャではない)。

でも、痛がるどころか、普通に元気…?

「今日のおやつはなんだ?」

病院に行くと元気になるのよね。。。(なんで?)

触診の結果は「腰のちょい上あたりの背骨が元凶」とのことで、まあ…要するにヘルニアってことですかねー。先生は、「だいたいヘルニア」という言い方でしたが。

前回、ギックリ腰のような?と聞いたら「そうそう」と返事をしていたのは、薬の処方も安静にする治療も一緒だし、飼い主共々気持ちが落ち着いてきてからヘルニア疑惑を告げても遅くはないだろうってことだったようです。ヘルニアとか言われたらビビるから!9年も付き合ってるからか…まーよくわかってらっしゃるわね。

あ、ギックリ腰は筋肉の炎症。犬もなります。

で、「レントゲンは体勢がツライから、次回にしましょ。食欲もあるし、散歩もできるし、だいぶ回復してきてるし、心配しすぎないで薬を飲ませて様子をみて。次回はもっと良くなってるはずだから」と終わりました。

今回もまた曖昧な「だいたいヘルニア」とお茶を濁した診断結果。すごくイタリア的だな〜!

経験値ではヘルニアっぽいだけど、レントゲンを見るまでは確定診断は出せないし、場合によってはちょっとした炎症だけでヘルニアではないかもしれない(期待感)。そして万が一…別のもっとひどい病気(腫瘍とか…)だったりしたら、責任問題になるから確定回避。そんな感じ。

来週までボン先輩のヘルニア疑惑は続きます…。



歳をとれば腰が弱るのは人間も犬も一緒だけど、違うのは…?

そうして抱きかかえられ、なかなか高い診察台からゆっくりと降ろされたボン先輩。人間たちがお茶を濁している間に、おやつ欲しさにヒラリ!と飛び乗りました…(←背骨負傷中の犬が一番やっちゃいけないこと)。

全員で「ぎゃー!」

ダメダメダメ〜と叱られた意味がわからず戸惑いつつ、直後痛がる。・・・でしょうね。

でも、すぐ痛みは消える!

おお!良くなってきてるのねー!と喜ぶ飼い主に、先生が釘をさしました。

「ボンチャ、飛んだり跳ねたりする犬だから、ホント気をつけて!人間も犬も同じ。歳をとれば腰を痛めやすくなるでしょ?でも、人間と犬で大きく違うのは、犬はわかってないこと!飼い主がちゃんと見張ってないとダメよ!」

そうなのよね〜痛い理由もわからないし(だからすごくかわいそう)、安静にしてなきゃいけない理由もわからない(だからすごく注意しないとこういうことやっちゃう)。

痛みがなくなったら、絶対にはしゃぐから…回復期はますます目が離せなくて大変そう…。でも回復してきてホント良かったです(号泣)!

※でも、ヘルニア確定だと完治はしないので…うっすら不安は残る。今後は体重増加や筋力減少で背中に負担がかかれば再発の可能性大だし、中年犬に合わせた体調管理に取り組まねばならぬのだろうか?

帰ってきた本日のイタリア語

ernia
エルニア
ヘルニア
Ernia del disco intervertebrale(エルニア・デル・ディスコ・インテルヴェルテブラーレ)で椎間板ヘルニアです。犬もなるんだよー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました