現代アート展覧会でプチ・ファッションチェック♪

先週末から、パレルモの現代アート・ゾーン、
ZAC (Zona arti contemporanee)にて、
ドイツ人アーティスト、トーマス・ランゲの回顧展が開催中です。

オープニングイベントでは、ワイン片手に閲覧♪

L'aperitivo allo ZAC🍷 #パレルモ #シチリア島 #イタリア #sicily #italy🇮🇹

A post shared by sawabon (@la_vacanza_italiana) on

ZACは、ジーザ宮殿の隣にある文化的複合施設、

Cantieri Culturari alla Zisa- ZAC

のことで、これは日本語訳すると、
ジーザ宮殿そばの文化造成場…。
カタカナで言い換えれば、
ジーザ・カルチャー・クリエーション・プレイス
西新宿あたりにありそうな、
何が目的かイマイチわからない
行政施設っぽくなりますねw。


▲屋外スペースでは、7月14−15日の守護聖人サンタ・ロザリア大祭で、サンタ・ロザリア像を載せる山車を製作中でした。伝統職人さんのお弟子さんたちで芸大の学生さんたちらしい。

まあ、実際、パレルモ市文化局の施設でもあるのですが、

ここは、もともとリバティ様式時代に、
一斉を風靡した意匠デザイナー、
ヴィットリオ・デュクロの家具工場があったところ。
巨大なゾーンを改装して、映画館やギャラリースペースになっています。

ヴィットリオ・デュクロと言って、
多分、意匠デザインとか建築をやってる方は、
おお!となると思うけど、
フランスで流行中だったアールヌーヴォー(リバティ)様式を、
イタリアで最も早く取り入れたパレルモを拠点に、
リバティの殿堂ヴィッラ・イジェアなどを建築した、
エルネスト・バジーレのアートディレクターとして活躍した人。
ローマのモンテチトーリオ宮殿や、
イスタンブールの大使館やフィアットのオフィスから、
豪華客船まで手がけたらしいです。

19世紀後半から20世紀にかけてのパレルモは、
超イケてるとこだったんですね〜(過去形)。
ちょうどラグーザお玉さんがいた頃。
良い時代にいらっしゃいましたね、ホント。

で、まあ、そんな歴史あるところで、
気合の入ったアートイベントなどがしばしば開催されてます。

今回のトーマス・ランゲの展覧会。

展覧会の詳細(?)はこちらね。
パレルモにいらっしゃる旅行者の方で、
ZACに行ってみたい!という方はあまりいらっしゃらないと想像し、
アクセスデータは、雑です。

オープニングイベントには、ドイツ人たちも、
大挙して押し寄せてきてましたが、
真夏で気分もノリノリな上、夕方で涼しいせいもあって、
いつになくオシャレな姉さんたちが多く、
大変、目の保養になりました。

知らない人に撮っていいですか?って聞くのが面倒だったので、
知り合いをまとめて載せてみます。

軽い格好ですねー。

ノーブラも許容されるイタリアの夏。
仕事だって日に焼けた素足だし、
日本の女性は夏でもホントにキチンとしてるなーと、
しみじみ思ったりもします。
冷房効いてれば厚着もできますが、
冷房効いてなければ脱ぐしかないw。
それはそれで健康的。

お申込み締め切り:7月末日予定
毎年恒例!秋の食い倒れツアー♪ご参加お待ちしてます!


2017年秋は、北イタリア・ピエモンテへ!
イタリア最高峰のワイン・バローロや白トリュフ、そして各種チーズ…。ワイナリー訪問や家庭料理レッスンなど、”美味しい”体験盛りだくさん♪◆◆◆詳細・お問い合わせはこちら(パンフレット)から!


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
二つのブログランキングに参加中です♪
ポチポチッとクリックしていただけると嬉しいです♡ Grazie!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

現代アート展覧会でプチ・ファッションチェック♪
ボン先輩のFBページで、ブログやInstagramの更新情報をアップ中!いいねでCHECK IT OUT!
スポンサーリンク
アドボン1
アドボン1

この記事をシェアする

ボン先輩をフォローする