初訪の小さな街でデジャブを感じて思い出す「シチリアでの会話」

犬連れラグーサ旅の続きです♪

伝統菓子ンパナティッギとモディカチョコを買いにモディカへ
犬連れラグーザ旅の続きです♪ ハードな階段...

ラグーザ、モディカ…ときたら次はノート?いえいえ、今回はミリテッロ・イン・ヴァル・ディ・カターニャへ!

ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の街々は8つ!

ラグーザ、モディカ、ノートが属する世界遺産のヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の街々Città Barocche del Val di Notoは、全部で8つ。バロック3姉妹〜とか呼んでますが、実は…おそまつさんもびっくりの8兄弟。

ラグーサ、モディカ、ノートのほか、カターニア、カルタジローネ、パラッツォーロ・アクレイデ、シクリ。そして今回訪問したミリテッロ・イン・ヴァル・ディ・カターニアです。

ミリテッロは初訪問♪どんな街だか楽しみ〜!



ここは楽園か!ラグーザからミリテッロへの道

ラグーザからは車で約1時間ほどのドライブ。車窓があまりに爽快だったので、

ちょっと車を降りてみました。

もれなくボンさん、走る…。

「ヒャッホゥ!」

不必要な枝を加えて無駄に走る犬を見ていると、ああ、エネルギーの無駄遣い…と思ってしまうのは毎度のこと。せっかくだから発電して欲しい!

このまま車と並走した方が本人にとっても楽しいのではなかろうか?と思いましたが、車のドアを開けると自動的に乗ってくるので本人の意思を尊重し、一緒にドライブを続けます。

ヤバい…この道、素敵過ぎました。牛たちもふくふくして健康そう!

変化に富む丘陵地帯に単線が伸びる美しい風景を眺めているうち、目的のミリテッロが見えてきましたよ。

”シチリア感”があふれる小さなバロックの街ミリテッロ

まずは今回、ピンキー(夫)がどうしても来たかったというこの街のサンタ・マリア・デッラ・ステッラ教会へ。

でも、変な時間に行ったからか…開いてませんよ?!

…ちょっと…事前に調べてよ、もー。などとブーブー言いながら、とりあえず街散策してみたら、とーてーもカワイイ街!

「詰めの甘い飼い主だけど、俺は気にしてないよ」

お昼時の静まり返った街に降り注ぐ、シチリアの明るく乾いた日差し。光を受けて霞む壁にバロックの装飾が色濃く影を落としています。

シチリアのド田舎にありながらも”終わった感”が香らない、絶妙な寂れ感…。た・ま・ら・んのぅ(涎)。

そしてハタと気づく…。

あら?この辺、来たことあったっけ?



ロケ地めぐりの逆?デジャブを感じて思い出す「シチリアでの会話」

よくよく考えてみたら、「シチリアでの会話」(ヴィットリーニ著)に登場したのがこの界隈でした。

ひ〜来てなかった@@!
読んだだけだった!

来たこともないのに、図々しいわねwっていうか、ロケ地めぐりとは逆パターン!めぐってみたらロケ地だった的な。

不思議。いや、これは作者ヴィットリーニの世界観と表現力の力強さ。脳のどこかに刻まれてたんですねぇ。読んだこと自体はすっかり忘れてたのに。

もう中古本しかないみたいですが、イタリアのネオレアリズモの原点とも言える有名作のひとつ。貧乏くさいシチリアがお好きな方にはオススメ。←失礼w。

シチリアに渡る船の上でオレンジをもらうシーンが思い出されて、なんか切なくなってしまいましたが、

そんな気分を打ち消す男子二人…。

ちょっとーやめなさいよ〜!

犬嫌いな人が見たら、「きったねー!」「非常識!」って炎上案件だよ〜!と言いながら、撮ってしまった上アップしてしまいました。ごめんなさい。ちなみに現地では道行く人には微笑まれました^^;。…ゆるい。

続く。

犬もOK?!ボンさん、人生初めてその肉球で教会内を歩く!
犬旅続きです♪ 美しくのどか〜なシチリアの...

コメント

  1. しんしん より:

    逆ロケ地巡り状態、確かに時々ありますね。
    先日出かけた街で初めて行くピッツェリアの入り口を前にして「あれ?ここに川、あちらにお城、この不規則三叉路?まさか・・・」、裏手に回ってみたら何度も読み返している本の舞台になった建物があり、一部がほぼ当時のまま史跡保存されていました。まさか残っているとは知らずちょっと背筋が凍りました。
    しかし、何でも忘れる歳になっても、何かしら心に響いたものは残っていて何かのきっかけでよみがえるだと改めて思いました。
    『シチリアでの会話』、再読したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました