エオリア諸島バカンス2021スタート!2年ぶりにシチリア島を出るボン先輩

どうも皆さま、ボンジョルノ!

そんなわけで…というわけでもないですが、無事クレアトラベラーも発売したし(?)、本誌で紹介した通りのバカンスを実践です。

イタリアの引力を再発見!『おかえり、イタリアの夏』クレアトラベラー夏号発売中!
どうも皆さま、ボンジョルノ♪ バッタバタしながら、...

※島のページにボン先輩を見つけてね!

それはショーペロから始まった…

6月下旬から規制緩和で今年はバカンス再開だ!(去年も十分バカンスしてましたけどね?)と騒がれてから、慌てて予約をしておいた島バカンス。

直前になって、ローマからのバカンス友達との都合を調整し、2日ほど前倒しにしたら…ちょうど変更した出発日とが、前日になってショーペロ!になりました。。。変えなきゃ良かったと後悔先に立たずも実践したスタートとなりました。

インフォに何度も港を往復し(相変わらずカスタマーセンターの電話なんか誰も出ないから)、夜になって一番確実と思われる情報が転がり込んできました。

最低保証された便に、ミラッツォ→エオリア諸島→パレルモ線が1便あり、パレルモに到着した後、休便になる…。予定だったのだけど、船長がミラッツォの家に戻るときに島に寄ってくれるかも?という話w。

ってことは、船長次第?

でも、それが確定するのが(船長が家に帰りたいかどうか?)予定の出発1時間半前。。。

船長に期待して、朝から一応出発準備をしつつ、でも出発できないかもの心算もしつつ、ワタワタと過ごし、やっぱり電話が繋がらないから港までひとっ走り(ピンキーが)。※港までは徒歩20分ほどの距離。

そして、出発50分前に港のピンキーから電話。

「船出るってー!」

家に戻りながらタクシー予約して、植木に水をやり(預ける予定だった近所の人が朝から海に行っちゃって捕まらず…ひどいw!)、冷凍庫の凍らせた鶏肉をサーモバックに詰め(島で買えないからw)…ピンキーはシャワーを浴びw、などなど超高速で最後の準備をして、大慌てーで港に行き、

最後の客として乗れた!

すでに気持ちと体力のバッテリーは枯渇。グッタリしたピンキー一家を乗せ、船は2年ぶりに島へと出港したのでした。。。



ボン先輩にシートが用意されてた!

2年ぶりにシチリア島を離れる…。

海から見るチェファルーも久しぶり。

毎年乗ってた船。今回、サービスが向上してました。

「俺用のトイレシート?」

親切な船員さんが「これあげるー」と船のロゴ入りトイレシートを敷いてくれました。いらないよーと言ったけど「あるからあげる」と言って。

「俺、外派なんで…」

ちょっとプライドを傷つけられたボン先輩。

まあ、絶対は世の中にないので、一応敷いておいてもらいました。

島はコロナフリーとはいえ移動の船が心配!

島では島民ワクチン接種済み、グリーンパスでワクチンフリーとはいえ、移動の高速翼船は窓がありません。浮かれポンチのバカンス客も大勢乗っているだろうから、マスクは二重で!と超心配してましたが、がら空き♪でした。

多分…ショーペロのせい。。。

ちょっと気を抜いて…飲食しちゃったけど、大丈夫か。。。

ボン先輩的にも快適船旅になりました。

「島に到着?」

いや、今いた島だよ。シチリア島だよ。



2年ぶりの島は、何も変わっていなかった

サクッと2時間半、どうなることかと思ったけど、無事に予定通り到着!

「みんな、裸足だよ!俺の仲間だ」

近いけど別世界。。。

「知ってる匂い!」

島の皆さんもお元気で。いろいろホッとしてます!

のんびり俺の島旅、スタートです。

続く:

水に浸して食べる!南イタリアのパン「フリッゼレ」が美味しい!バカンスの島ゴハン
どうも皆さま、ボンジョルノ! というわけで、島から...

コメント

  1. しんしん より:

    ”二年ぶり”という文字をあちこちで見かけることで、前に進んでいるんだな~と感じる今日この頃です。
    半年ぶりに居住地から脱出するはずが、このところの感染状況を鑑み中止(涙)
    行き先は安全でも長時間移動における危険回避はかなり難しそう。
    先月から家の周りにコロナ禍前並みの観光客が押し寄せているため日常生活にも気を遣う日々ですが、ボン先輩のヴァカンスレポートに癒されたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました