ボン、ブルカーノ島で泥パック初体験!

さて、シートの間に挟まったりしながらも、
無事到着したブルカーノ島

ここのメインは、何と言っても泥温泉です!

エオリア諸島の中でも観光客が多く、
開けた(?)雰囲気の島。

港から見える小山の裏手に温泉ゾーンがあります。
アクセスは、徒歩。

島では…わざわざキッチリ洋服を着てる人は、
ほぼ見当たりません。水着のまま(!)もしくは、
水着の上に極簡な「はおりもの」程度がデフォルトスタイル。

硫黄の香りに包まれながらてくてく歩いていくと、
港から300mくらいのところに、表示発見。
spiaggia ACQUE CALDE (温水ビーチ)が目的地ですよ。

進んでいくと、温水海岸の手前に、
期待のファンゴゾーンがありました!

くっさ~!
山の岩肌も硫黄や鉄で色着いちゃってますねー。

ここは一応、柵で管理されたエリア。
入口で係りのシニョーラがチケット販売や、
入り方の説明をしてくれます。

「全身にファンゴを塗って、乾かしてマックス15分。
奥の温水海岸で泥を落として、真水シャワーで完了よっ!」

そして…シニョーラに、
最も聞きたかったことを質問してみる。

「犬もファンゴパックして大丈夫ですか?」

答えは、「絶対にNO!」

まあ、そりゃそーでしょうねぇ…。

じゃ、さっそく泥ゾーンに入ってみましょうかね。

あちちちちっ!
すんごい地熱っぷりです。すぐ発電できそう!

ビーチサンダル履いてても熱い!
肉球が火傷しそうなので、
ボンちゃんを脇に抱えてパラソル下へ!

日陰につないで、人間だけファンゴへ!

こちらも熱いこと、熱いこと!
ファンゴを手ですくってペタペタ体につけますが、
このファンゴも熱いったらありません。

ブクブクと熱が出ている箇所がそこここにあり、
注意して歩かないと、足裏火傷しそうです。

すげー地球!

熱い熱いキャッキャとやっている間…。

ボンちゃんの絶叫が響き渡る…。
嗅いだこともない臭いが充満するところで、
なんだか地面は熱くて、
灰色の人間たちwwがウロウロする…
そんな奇妙な状況に一人置かれて、
パニくっている模様。

救出(?)に向かうと、
感極まって飛びつく、暴れるボンちゃん。

そして、

すっかり、ファンゴにまみれてしまいました…。
これは、あかん…。

大丈夫かな、ダメかな。
ダメだろうな、やっぱり。
乾いたファンゴを落とすために、温泉ビーチの方へ。

こちらも、海底からブクブク温泉が湧いてます。

海なのに、すんごい硫黄臭。海なのに、温泉感満点!

とっぷり浸かっていたかったんだけど、
ボンが心配だし、その上、ピンキー(夫)が、

「硫黄臭が苦しい。息ができない~!」

と、うるさいうるさい…。しょーがないんで、
とっととあがって真水シャワーへ急ぎました。

「息が詰まる~こんなに硫黄を吸ったらカラダに悪いよ!」

とか言いながら、
ボンちゃんと共に真剣に洗いまくる姿は、
とってもおかし…いや、カワイソウだったので、
やむなく温泉エリアは出ることにしました。

えー滞在時間30分くらい?

デリケートな男たちのおかげで、
非常に慌ただしい温泉体験となってしまいました…。
チェッ。

ま、気を取り直して、船の出航時間まで、
島のイケメンを鑑賞しつつ、

グラニータでクールダウン。

ボンちゃんは、お店の人に用意してくれたお水で、
ホッとひと息。

お犬様歓迎のよい店でした。

そうして再び船に乗り、期せずして超短期滞在になった
ブルカーノへ別れを告げる…また来るよー!

帰りの船では、大人しかったボンちゃん。
さすがに疲れたねー。

フィリクーディ島に帰ったら、
もう一度シャワーを浴びよう。

と言って、帰宅したあともガシガシ洗いましたが、
硫黄の香り消えず…。
タオルも水着もボンちゃんも…。

ちなみに、ここの温泉には、
毛穴を掃除する効果があるそうです。

ピンキーの顔はツルンツルン。
…顔にもまんべんなく塗りたくっていたからね…。
窒息しかけていましたが、
その苦しみの代償は得られたようです。

最終回:ワンコと島暮らし〜バカンスの過ごし方へ続く!


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
二つのブログランキングに参加中です♪
ポチポチッとクリックしていただけると嬉しいです♡ Grazie!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

ボン、ブルカーノ島で泥パック初体験!
ボン先輩のFBページで、ブログやInstagramの更新情報をアップ中!いいねでCHECK IT OUT!
スポンサーリンク
アドボン1
アドボン1

この記事をシェアする

ボン先輩をフォローする