犬がラップ食べた!どうする?解決法〜日本とイタリア比較

スポンサーリンク

ボン先輩用に小分けして、冷凍した鶏肉を解凍。
茹でてる最中のことでした。

目を離した隙に、

ラップをパクッ!

と、食べてしまいました!
ぎゃー!

ラップは当然ゴミ箱に捨てたのだけど、
ゴミ箱に蓋がなかった…。

鶏肉臭に反応するとは!
成長したな!

などと言ってる場合ではなく、
ワタクシ、半狂乱になりました^^;。
(そりゃそーよね…)

「出して出して~!」と口を開けさせようとしたら、むしろ慌てて飲みこんでしまった←これも、犬あるあるです。

まずは落ち着こう!犬がラップを誤飲するのは、”犬あるある”!

夜も遅かったため、獣医さんには連絡つかず。
ならばグーグル先生に!と思い、

「犬、ラップ、食べた」

で検索してみると、結構なヒット数。

「よくあることなのか…」とちょっとホッとしつつ、出てくるサイトを読んでみると…。

胃腸に張り付いて腸閉塞を起こす」
「最悪、開腹手術
排出を促す薬を飲ませるべき」…etc

ひぃぃぃ((((((ノ゚⊿゚)ノ!!!!

…半狂乱を通り越しパニくった…。

救急車ぁぁぁぁぁ!

と取り乱しましたが、ちょっと待って。
ここイタリアではどうするんだろう?と、
日伊比較が癖になっている飼い主は、
念のため、イタリア語でも調べてみたわけです。

すると、どうでしょう。

「3日くらいしてウ○チと一緒に出るよ
「よくある、よくある。でも出るよ

ええっΣ(゚д゚;)?
超ライト!!

何でしょうか、この違い。

お気楽イタリア流アドバイスを採用!…はたしてラップは?

読めば読むほど、大したことじゃないような気がしてくるイタリア語のアドバイス。とりあえず、急に腸閉塞にもならないだろうと、落ち着いてイタリア語版を採用することにしました。

⑴.いつもよりちょっと多めのゴハンをあげる。
⑵.ひねり出すたびに、ほじくり返してチェック。

これを繰り返して、ダメだったら獣医さん。
※ちなみに翌朝電話した獣医さんも「まずは様子見」とのことでした。

多めのゴハンで、いつもより大盤振る舞い。1日5回はひねり出されたブツに顔を近づけ(近視なもんですから)、祈りを込めてブツを崩す日々…。※割り箸です。素手じゃないです。

す・る・と、

3日目の朝…、
ラップを発見!!

全く消化されず、原型まま。
いかにも「ラップ」のまま!

割りばしで高らかにつまみ上げ、歓喜したのは言うまでもありません。ああ、神よ!

「スッキリなのだー」

心なしか、スキニーなお腹がよりスッキリした感じ?

飼い主としての責任を再確認

食べたのは、10cm×10cmくらいのラップ。丸めれば小さいものですが、まかり間違えば命の危険にもさらされていたかも知れず(日本の検索結果だと)。

出てきたから良かったものの…うかつに鶏肉の香りのするラップを捨てたことを反省しましたよ。食べるなと言っても無理なので(犬だからね)、危険なものを避けることが飼い主の責任…。

教訓:ゴミ箱も蓋付き一択!

「つい食べちゃうから〜そうして〜」

しかし、まー日本とイタリアで同じ質問への答えがずいぶん違うもんだな〜と感心もしました。丈夫なイタリア人と暮らすイタリアの犬は、相当丈夫なのか?とも思わなくもないですがw。

いろんな情報や意見があふれる世の中ですが、まずは踊らされず。信頼できる人のアドバイスも参考に、落ち着いて選択することが大事だなぁとも思いました。踊らされがちな飼い主なので…。

ボン先輩がうちの子になってから1か月余り。まだお互い以心伝心までとはいきませんが少しずつ信頼される飼い主になれるよう頑張りますよー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました