犬がラップ食べちゃった!どうする?日本とイタリアの解決法を比較検証

落ち着こう!犬がラップを飲み込んじゃうのは、犬あるある!

ボンのゴハン用に小分けして冷凍しておいた鶏肉を解凍して、茹でてる最中のことでした。

鶏肉を包んでいたラップは捨てたのですが、蓋のないゴミ箱…。

知らない間に、

ラップをパクッ!

なぬ?!鶏肉臭に反応するとは!
やはり、お主、犬だったか!

とか言ってる場合ではなく、飼い主、狂乱になりました^^;(そりゃそーよねっぇ)。

「出して出して~」と口を開けさせようとしたら、むしろ慌てて飲みこんでしまったのです!←犬あるある。

ぎゃー!!!!



日本とイタリアの両方で解決策を検索してみると?

夜も遅かったため、獣医さんには連絡つかず。ならばグーグル先生に!と思い、

「犬、ラップ、食べた」

で検索してみると、結構なヒット数。「よくあることなのか…」とやや冷静さを取り戻しつつ、ヤフー知恵袋とかグーなんちゃら?みたいなサイトを読んでみると…。

胃腸に張り付いて腸閉塞を起こす」
「最悪、開腹手術
排出を促す薬を飲ませるべき」…etc

ひぃぃぃ((((((ノ゚⊿゚)ノ!!!!

…狂乱も狂乱、パニくりました。。。

そして念のため、イタリア語でも調べてみると、

「3日くらいしてウ○チと一緒に出るよ
「よくある、よくある。でも出るよ

ええっΣ(゚д゚;)?
ライト!!!

なんでしょかー?この違い?
…狂乱の妻を傍目に、ピンキー(夫)は冷静にイタリア語の検索結果を採用



お気楽イタリア流アドバイスの結果…はたしてラップは…?

当日および翌日、いつもよりちょい多めのゴハンをあげ、ボンがひねり出すたびに、割りばしでほじくり返してwチェックを続けました(愛ね〜)。

多めのゴハンで、いつもより大盤振る舞いに出す出す。。。

1日5回はひねり出されたブツに、至近距離まで顔を近づけ(近視なもんですから)、祈りを込めてブツを崩す日々。

※お食事中の方スミマセン。

す・る・と、

3日目の朝、
めでたくラップを発見!

全く消化されずに原型そのまま。
いかにも”ラップ”って感じで排出されたそれを、割りばしでつまみ上げ、歓喜に沸きました。

祝・ボンsenza ラップ(ラップなしボン)

お腹スッキリ〜♪

食べたのは、広げれば10cm×10cmくらいの大きさで、丸めれば小さいものですが、まかり間違えば命の危険にもさらされていたかも知れず…。うかつに鶏肉の香りのするラップを捨てたことを反省しましたよ。

教訓:ゴミ箱も蓋付き一択!

「つい食べちゃうから〜そうして〜」

飼い主としての責任を再確認

しかしまー日本とイタリアで同じ質問への答えがずいぶん違うもんだな〜と感心もしました。

丈夫なイタリア人と暮らすイタリアの犬は、相当丈夫なのか?とも思わなくもないですがw。

※一応、翌朝獣医さんに電話相談し、「様子見て」となっていました。ハラハラしたけど、結果オーライでよかった(涙)。

いろんな情報や意見があふれる世の中ですが、踊らされず(踊らされがちなのでね…)、信頼する人のアドバイスも参考に自分の責任で自分で選択することが大事ですね!

ボン先輩がうちの子になってから1か月余り。まだお互い以心伝心までとはいきませんが少しずつ信頼される飼い主になれるよう頑張るよ。

子犬時代の保護犬ボン先輩
保護施設からもらわれて「うちの子」になったボン先輩と一緒...

コメント

タイトルとURLをコピーしました