幸せを運ぶロバ❤️世界遺産アマルフィ海岸の平和で可愛い小さな村々

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

2019年の世界遺産が発表になりましたね!イタリアは「プロセッコの丘」が追加になって55件今年も登録数NO.1です(中国も並んだけど)。イタリアは北から南、ほーんとあちこちに世界遺産があって、どこに行っても世界遺産。だから改めて世界遺産を見る!という感じではなく、行ってみたらそこは世界遺産だった…てな状況になりがち。贅沢な国ですw。

今年のシチリア食い倒れツアーも何気なく世界遺産の町に行きますよ!

今日のナポリレポ続きも世界遺産から!



幸せを呼ぶロバが可愛い!陶器の村ヴィエトリ・スル・マーレ

世界遺産「アマルフィ海岸」には、メインのアマルフィの町以外に、小さな村々が並んでいます。どの村も徒歩10くらいで周れる小粒サイズ。一番南側(サレルノ寄り)には、陶器の村として知られるヴィエトリ・スル・マーレがあります。←ちょっと大きめで徒歩20分くらい。

シリアスなシチリアの顔鉢と比べて、ゆるいw!ハゼドン風の顔鉢は、むしろ好みです。ほか、謎の人魚像や村のキャラクター・ロバ陶器像が村の入り口で迎えてくれますよ。

手乗りサイズのロバ陶器❤️。

幸せ(やお金)を運んでくれるんだそうな。なんだかボンさんに似てるし…ひとつお持ち帰りしました♪

友人が輸入しているお店にもお邪魔してきました(というか大変お世話になりました…)。5代目のジュゼッペと6代目のパスクアーレさん(要するに親子)。

ちなみに4代目もパスクアーレさんで、村の広場でたむろしていたおじいさんたちに「後でパスクアーレの店に行くんだ〜」と言ったら、「なんだって?!パスクアーレは死んだよ!」とザワつきました…。死人と電話してたのかっ@@!と灼熱の路地裏で恐怖におののきましたが、お孫さんも同じ名前だったというね…。爺さんと孫が同じ名前は、南イタリアあるあるですw。

そんな(?)のどかな平和の村では、守護聖人の行列に遭遇。

よく見ると↑ちびっこも参加してますwww。

この後、ドゥオモ前でひと休憩終え、再度整列したバンド隊にもちゃんと参加してましたーwww。

可愛すぎw。

通過するバンドをうっとり眺める近所のおばあちゃん。

こちらも可愛すぎ❤️。



魚醤のパスタと小さなビーチ チェターラ村とエルキエ村と

くねくね海岸線を行くと次に出てくるのがチェターラ村。イワシの魚醤生産(コッラトゥーラ)が有名です。

アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノに発酵系の臭みがプラスされた感じで極塩味w。血圧高い人は要注意パスタですが、ツマミになりそうな旨味満載。

隣のエルキエ村でも、別バージョン(というかほぼ同じ)パスタをいただきました。

どっちの村にも塔があって小さくて、双子のようなビーチがあります。この写真は確かエルキエ…。

どっちも同じくらい混んでますが、真夏に賑わう小さな素朴な村の風情は、いかにもイタリアの夏って感じで良いもんです。



大御所アマルフィはインターナショナル!

そして…アマルフィ・コーストの女王、アマルフィ!

町もビーチも外国人でぎっしり。

中国人の団体さんもいました。そりゃ来るよねー^^;。

アマルフィなら、レンタカーか運転手付きでサンタ・カテリーナなど5つ星デラックスで特別感のあるホテルに泊まってこそ、その魅力が満喫できるのではないかと思ふ…主観ですけどね小さな穴場の村好きなんで。

ちょいと離れた絶景リストランテへ。

ロマンチックに浸る外国人カップルたちを横目に、

蚊と格闘しながらエビをいただきました(さみしーw)。

もうちょい続く♪

ナポリから船の旅〜船長からのプレゼントと共にパレルモへ!
どうも皆さま、ボンジョルノ! ロケ旅裏話、久々のナ...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました