聖サンタ・ロザリア前夜祭イベントに向けて…まずはピアノの調律から!

7月15日は、パレルモの守護聖人サンタ・ロザリアのお祭りです。

今年で、なんと394回目!

どんだけ続いてるんだっ!

サンタ・ロザリア祭り週間となる1週間、何かと何かがありましたが(行列やら何やら)何はともあれメイン・イベントは、本日7月14日の前夜祭と明日の本番当日デス。

2016年の行列はこんな感じでした(去年はパレルモにいなかったので見てない)。

ぎっしり〜。毎年こんな感じで熱狂ぎっしりパレードが400年近く続いてるんですねー。

あ、サンタ・ロザリアはこんな奇跡を起こしちゃう美少女聖人。信じる者は救われるんでございますよ(多分)。

シチリアの知られざるパワースポット!? 守護聖女サンタ・ロザリアの奇蹟の水 | 気になる世界の街角から
かつてゲーテが訪れ、名著『イタリア紀行』にも記述されているモンテ・ペレグリーノは、古代から聖地として地元の人々に崇められてきました。頂上には、パレルモの守護聖女サンタ・ロザリアを祀る洞窟教会があります。



今年はバレリーナを呼んで18世紀の貴族ごっこ!

今年は…ピンキー&アミーチが、”ピアノやバレエなどの余興と共に、真夜中に通る行列を優雅に待ちませう”という企画を立てました!

パレルモのメインストリート「ヴィットリオ・エマヌエーレ通り」沿いに建つ貴族の館には、なんとサンタ・ロザリア前夜祭のパレードを見るため”だけ”に作られたバルコニーがあり、かつてはそこでワインを片手に下界の熱狂を見下ろしていたそうなんですね。

そんなバルコニーがあるピンキー(夫)宅。家の中で花火はやるわ、ど偉いパーティ開くわで、なかなか想像を絶するファンキーなノリで何かと催しをやってるお家ですから、まー今年はひとつ、そんな企画でやってみよかーという話になったのです。

そして、なーんと日本からバレリーナのお友達が参加してくれることになり❤️(ありがたいことです・涙)ピアノの生演奏と共に踊っていただくことになりました!

ということで、準備はピアノの調律するところ始まりました。

調律師にダメだしされた1920年製のグランドピアノ

調律師さんが到着し、鍵盤をバコッと外す。

ジョン・ブロードウッドのピアノ。1920年製とアンティークの価値もありそうですが、

「こんなに手入れしてないんじゃあ、なんの価値もない!」と言い放たれていましたwww。ざんねーんw。

ブツブツ文句を言われながら、ガチャコン。っとはめて…っと。

ポロロン♪おおー!

放置されていたピアノが息を吹き返したように”正しい音”を鳴らすようになりました。お見事です。

タイルの床にトゥーは立つのか、ボンが邪魔しないか(←これが一番心配)、その他もろもろ…心配は尽きませんが、はてさてどうなることか?

続く!

ボン先輩バレエ初体験!美しいバレリーナの踊る姿に驚愕するワンコ
どうも皆さま、ボンジョルノ( ´Д`;)。 あっついで...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました