マグロの白子!テネルーミ!が出たら、それは夏@シチリア・パレルモの市場なう!

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

いや、もう暑い…真夏認定でOKだと思います。ボン先輩もハァハァしがち。市場二並ぶ食材も、夏真っ盛りになってます。

3大パレルモの市場バッラロー、カーポ、ヴッチリア(は、もう食材市場って感じではないけど)はもう卒業して…ガチの地元民が行くガチの市場に、ガチのパレルモ人の友達に連れて行ってもらいました。

高品質低価格…お値段と質のバランスが悪い!地元の市場

なんか…全体的に安いわね。カーポ市場もバッラロー市場も安いですが、なんでしょうかね。安さと質のバランスが…グッとくる感じ。

ズッキーネ・ルンゲも1本0.99ユーロ。2メートルくらいある細長ウリが100円ショップで売ってる感じよね。

ズッキーネ・ルンゲの後ろでモサモサしてるのが、パレルモ人が大好きな夏野菜「テネルーミ」。

シチリア島パレルモ人が愛する”局地的夏野菜”?!テネルーミってなあに?
シチリアに初夏の到来を告げる夏野菜 テネルーミ 最近日本でも栽培が始まったテネルーミ。聞いたことがある方もいるかもしれませんね! テネルーミは、シチリアの夏野菜 ...

バッサーと3束1ユーロだし、プルプル綺麗なさくらんぼも1Kg3ユーロ。

ひょーキレーと言ってたら、食べてごらん、ハイ!と手のひらに乗せてくれたさくくらんぼ。でも、洗う前は食べませんw。ごめん、おっちゃん。



見るだけでウキウキする夏を告げる野菜・果物

平べったい甘〜い桃”タバッキエレ”や、

ズッキーニも活きが良いw。これは、ズッキーネルンゲとはまた違う、シチリアのズッキーニです(パレルモでは緑色の一般的なズッキーニは、ジェノベーゼと呼ぶ)

さて、これはなんでしょう?

答え:アーモンド!

果肉まま売ってます。



近くの漁港から直送されるらしい魚介たち

こちらは近海で獲れるサバ。

ちょっと小ぶりなのがシチリア産だそうな。

つい2、3日前にスーパーでブリッとしたサバ買っちゃったんだな〜。魚屋のおっちゃん曰く、「それはスペイン産」だそう。見ずになぜわかる!などと突っ込まないで「へー」と聞き流すのが市場のマナー。

そ・し・て、

出た!

マグロ♪と白子♪

その辺に回遊してたんだねーおかえりー(ってもう死んでるけど…)。季節がずれると乾燥白子を売ってたりしますが、この時期は白子が生で出ます。

フリットで食べますけど…勇気がなくて自ら調理したことはないし、するつもりもないから買いません(フグもマグロも卵派)が、ラインナップが夏だな〜としみじみ。

一句読まなければならないのでは?とプレッシャーを感じるくらいしみじみする。食材から季節を感じるのが好きです。旬を食べるって、それだけで身体に良いことだし、見てるだけでも体調整う気がしますw←単純。

帰ってきた本日のイタリア語

lattume
ラットゥーメ
白子

コメント

タイトルとURLをコピーしました