夏はスーツのおじさんもブリオッシュ・コン・ジェラート!

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

北イタリアの方は35度とかになっちゃって、暑々陽気で停電とか起きたりしてますが、南イタリア・シチリアは、ふつー。28度や29度の微妙なラインで、涼やかに海風が吹いてます。

ジェラートもいきなり溶けずに、良い感じ。街でもジェラート人口が急増中です。おじさんもw。



夏はやっぱりブリオッシュ・コン・ジェラート

まあ、もはや日本でもよく知られているパンに挟むジェラート。秋冬は、コーンかカップが多いけど、

シチリアはやっぱりブリオッシュ・コン・ジェラート?いやいや、秋はコーンで!〜パレルモ名店のジェラート1kgお持ち帰り!
どうも皆さま、ボンジョルノ♪ シチリアといえば、ブ...

夏はなぜかブリオッシュ派が増えます(飼い主調べ)。

まだ今年は食べてないなぁ。いつだったかのバカンス先で食べたヤツ。

でかいねぇ。

クリームパンの冷たいバージョンって感じで、栄養価も高いし(量も多いし)、夏のランチはコレにするケースも多々あるもの。



スーツのおじさんも、ブリオッシュ・コン・ジェラートでランチ

街を歩くと、ジェラートを食べるおじさんにあたるパレルモ。

歩き食べるおじさんもいれば、

座って嬉しそうに頬張るおじさんも。

スーツ姿でジェラートを食べる姿は、日本ではあまり見なかった気がするけど、どうでしたっけ?最近は、気にせず食べるのかな?

本日もパレルモは平常運転ですw。

帰ってきた本日のイタリア語

brioche
ブリオッシュ
パレルモでは、ふわふわパンをブリオッシュと呼びます。昔の貴族文化でモンスー(お抱え料理人)がフランス人が多かったこともあり、フランス語ママの食べ物や由来が多数。他のイタリアの地域(ミラノとか)では、コルネットのことをブリオッシュと呼んだりもします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました