Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パレルモからライアンエアーでサクッと飛んだアルプスの麓で…肉肉肉肉肉肉三昧♪

どうも皆さま、ボンジョルノ!
台風24号チャーミーの影響もまた甚大だったそうですね…。通勤通学に影響が出た方も多かったのではないでしょうか…?今年はなんだか激しい台風が多いですね…。

さてさて、まったりパレルモで過ごしたあと、どーんと北へ飛びました。

パレルモートリノ間は、LCCが便利!

今回は、Ryanairライアンエアでひとっ飛びです。アリタリアだとローマ経由になってしまう路線も、LCCなら直行便がある!のが最大の魅力ですな。

フラッグシップエアーラインも格安チケットを出している昨今、値段というより路線で選ぶって感じです。乗り換えが面倒くさくてたまらない島の民には、命綱w。ありがとう、LCC。

日本からも買えるから、利用してみるのがオススメです(ただし自己責任)。

スカイスキャナーの航空券比較

というわけで、いきなり機内。

さあ、機長!自慢のベビーちゃんを抱っこして通路をふさいでる場合じゃありません。とっとと飛びましょう!

自分の操縦する飛行機にご家族を乗せている模様です。でも…機長の赤ちゃん同乗ならとても安全な運行が期待できそう!



トリノ初の友人とコテコテのピエモンテ料理でランチ!

午前中、パレルモを出てランチはトリノ♪「トリノ初めて〜❤️」の友人のために、”ザ・ピエモンテ料理”の店「リストランテ・アルバ」へ。

ビテッロ・トンナートとアッチューゲヴェルデ。カステルマーニョ・チーズのリゾットととれたて〜フンギ・ポルチーニのリゾット!

モンフェッラートのバルベーラを合わせて、ピエモンテの洗礼です。

地元のお肉屋さんでカルピオーネをおまけにもらう三丁目の夕日

ランチの後は、のんびりトリノから普通列車でアスティへ。

駅前でチンチアと合流し、街道沿いのお肉屋さんへ向かいました。

美人なお母さん、イケメンな息子と大きなお父さんが経営する小さなお肉屋さんは、地元の人があふれる人気店。チンチアも行きつけのお店です。

生肉ドーン。

カウンターに並ぶお惣菜は、夏のピエモンテ料理の定番カルピオーネ。揚げたお肉をワインビネガーでマリネした南蛮漬けのようなもの。

「へぇー」とか言って見てたら、「味見してね」とおまけに包んでくれました!こういう親切がイタリアはまだまだ多くてホッコリしますな。



直挽き”ファッソーネ牛”のカルネクルーダ!

チンチア宅に到着後は、まずは収穫w。

畑直送のトマトとサラダ菜とカルネクルーダを並べて…はい、初日夜のお夕食!

ブランド牛ファッソーネ❤️。
激ウマ〜やわらか〜溶ける〜甘い〜❤️。

こちらは直挽きタルタルですが、包丁で叩いたバットゥータのタルタルもまた歯ごたえが残って美味。薄々スライスのカルネクルーダよりタルタル系が好きだな、うん。

1kgのタリアータとお肉屋さん特製アニョロッティ

別日のランチは、がっつり固まり肉をフライパンで焼き始めたチンチアさん。

「今日はタリアータよ〜!」

いつでも肉の向こうにマチルダさんw。

その日食べる肉をその日に肉屋で。
その日に食べる野菜をその日に畑で。

やわらかファッソーネ仔牛のタリアータに、ハワイの溶岩塩を合わせていただきました❤️。

夕食は、お肉屋さんの美人の奥さんが作った牛肉がたっぷり詰まったアニョロッティを、チンチアの畑のサルビアとピエモンテ産バターで。

まさに牛三昧!(←すし三昧のトーンで)



そして…出発の朝は、ピエモンテらしい霧もやの朝日と共に目覚め、

大量のタンパク質で元気満載の身体で向かう先は、パリ〜!

「ニャンだって?!」

明日は、久々パリの珍道中をお届けします。

トリノからTGVでパリへ!〜大人の女子パリ珍道中1
と、言うわけで〜ピエモンテで肉三昧タンパク質三昧後パリへ...

コメント

  1. accaesse より:

    そこにも!ここにも!マチルダ!マチルダ!

    • sawabon より:

      >accaesseさま

      当たりw。
      マチルダ、すっかりおばあちゃんですが…食欲は相変わらずです^^。

タイトルとURLをコピーしました