トイレが怖い!けど可愛いすぎる老舗トラットリア@シラクーサ

シチリア食い倒れツアー2018 最後の訪問地シラクーサのフリータイムで訪れたランチのお店♪

前回のお話: ラグーザ、モディカ、ノートのバロック三姉妹を駆け抜け、いよいよ最後の地、シラクーサに到着です! フリータイムという名の爆買いタイムでシラクーサ満喫! シラクーサは、シチリア東岸を代表する街のひとつ。古代ギリシャ時代に繁栄した記臆を留めた遺跡地区と華麗なバロック様式で飾られた旧市街オルティージャ島が見どころ...

生まれて初めてシラクーサという地に降り立った…1998年。いや、99年?ま、とにかく2000年前、世界遺産に登録される前(登録は2005年 シラクーサとパンタリカ岸壁墓地遺跡)だったのは確か。

生まれて最初で最後の一人旅で訪れた旧市街オルティージャ島は、ボロッボロで…ほぼ廃墟群。窓も壁も壊れた半壊の建物の奥から、テレビや談笑が漏れ聞こえてくる路地を歩くのは、少々怖かったし、それでも人々はとても親切で(というか、ほぼほぼナンパ。

美術館でも遺跡でも、ずーっとついてこられて怖かったw)、最終的に「3000年衰退の一途をたどるシラクーサという街の人々は、ホルモンバランスがちょっとおかしいのかもしれない」と日記に綴った…シラクーサ。

世界遺産になってから、すーーーーーっかり様変わりして、シチリアでも1、2を争う可愛い〜❤️ラブリーな街に変貌を遂げました。

あーーーーあの時、なぜあの廃墟を買っておかなかったのか!旧市街は「Vendesiの張り紙祭」だったのに!※Vendesi=売ります。今、その価値は何倍になっているのだろうかw?

シラクーサに行くたびに後悔してますが、ついでに行くたび訪れるのがこちらのお店。

La Foglia

最初に訪れたきっかけは、入り口で一目惚れ。ネットもないし、情報もほぼなかったのに、よく見つけたな〜と自分で感心する…店の外観は、あの頃とほとんど変わってません。

お母さんも変わらず。いや、20年変わらずってどういうこと?って感じだけど、変わらず。

お父さんも変わらず…。(あー横目になっちゃった…)

おかしい。

もし今、60代だとしたら20年前って40代。変わらずってどういうこと?な不思議なお店。そう…不思議ーーーーーな雰囲気が漂ってるお店だから、なんか深い理由があるのかもと思ったりもします(いや、ないでしょうけどw)。

テーブルセッティングもとても個性的。

こちらは、ぎゅうぎゅう詰めになったサラダw(外メニュー)。

柔らかくてすこぶる美味しい子牛ちゃん。

(そこそこ)美味しいし、
雰囲気も良いし、
なんていうか原風景的に好きなお店。

…ただし、トイレを除く。

トイレの待合室…。

一人で待つの、怖いんですよ…w。