ボンさんの要求はどれ?!マグロと豚のパテ!と希少チーズ祭り@居酒屋ボン

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

てなわけで、スーツケースの車輪にするほど(←うそw)爆買いしたチーズは、おすそ分け&居酒屋ボンで日々消費されております。

憧れのチーズの祭典「ブラチーズ祭」で出会った極上チーズたち(忖度なし)
どうも皆さま、ボンジョルノ! というわけで、北イタ...



居酒屋ボンのチーズナイト

昨夜の居酒屋ボン。雑すぎて、何が何だかわかりませんが、とりあえずチーズ各種と口直しサラダ数種でテキトー開催です。

テーブルに乗り切らないチーズたちがまだまだ冷蔵庫で控えております。

もうチーズはええんじゃ…。な気分になっている飼い主には、お土産でいただいたこちらのパテが救世主。

これ!ずっと食べたかったんですよ〜〜〜!

ブルターニュ地方の小さな島、グロワ島の小さな会社グロワ・エ・ナチュールの名物パテ。「ル・パテ・マリン」は豚とマグロのコンビネーションです。よくわかるようでわからないPR動画。ファビニャーナ島みたいなとこですな。

グロワ島、行ってみたいなぁ…。



目は口ほどにモノを言い過ぎるボンさんの熱い視線

テーブルの上は、チーズとマグロと豚の香り。そりゃ看板息子のボンさんも落ち着きません。

毎度のことですが、テーブルについた人々の中で、最も優しい人(ほだされやすい人とも言う)のサイド(脇の下とも言う)をがっちり固めるボンさん。ポジションに着くと「俺、ココんちの子になるから。」と言わんばかりに、ピンキー(夫)がいくら呼んだって微動だにしなくなります。

なに?何が欲しいの?

「それ」

腿に顎を乗せたまま、チラ見…。最小最低限の動きだけで要求を通そうとするボンさん。

「要求吠え」もせず、興奮することもなく、じっと目で訴えるのみ…さすが無口なシチリア人!じゃなかった犬!

でも、パンのかけらをちょこっともらって満足です。え?それでいいのw?!そう、香りには敏感だけど味覚はいまいち。グルメではないようです。



全員ドン引き〜?!からの1番人気フランス産チーズ

ストリコ・リベッレ、乾草だけで育ったブルーナ・アルピーナ・オリジナーレのチーズ、絶滅品種のヤギ入りフォルマッジェッラ、ブルガリアのカプリーノ、スペインのハーブまみれペコリーノ、ゴーダ2年もの…などなど比較的食べやすいチーズの後は、見た目が閲覧注意のフランスチーズ

中の色もこわーいw。

キャラメル?腐ったガムみたい。など酷いことを言ってましたが、勇気を出してひと口(ただし、おちょぼ口)食べてみると、あら不思議。味わい深くて美味なのでした!

フランス、素敵。

カビのような周囲の毒々しい色合いは各種ハーブですから。

ここのところ全体的にタンパク質摂りすぎているので、週末は山に登ろうと思います。。。梅干しの世界見本市とかあったらなぁ(←胃がだいぶモタれている…)。

皆さまもどうぞ良い週末を!
Buon week-end!

コメント

タイトルとURLをコピーしました