火山の島の穏やかな海は大分あたりの秘湯にも似て

スポンサーリンク

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

今日はバカンス〜らしく、ボン先輩も今年の初泳ぎしてきました。

島の海は、相変わらず、透明で、我が犬は、相変わらず、泳ぎが上手い。カッコいい。素敵。賢い。惚れ直す。←止まらない。

何も変わらず美しいままの海

よし、行くぜ!

▼今日のインスタストーリー。
ボン先輩飼い主どちらにもシェアしてますよー。

まるで湖のように穏やかに波打つ海は、以前と何も変わらない。昨年も、その前ももっと前も…同じです。

…ということは、ずーっと古代から変わらないんでしょうかね?古代の島、フィリクーディ島(石器時代の遺跡があるよ)。

躊躇するボン先輩、得意げな泳ぎ

最初に海に入る時って、戸惑いますよね〜。わかるわー。

でも一度入っちゃえば、スイスイです。

浅めのところは、水も温かく、初泳ぎには、ぴったりの優しい環境でした。圧倒的な自然は常に脅威だけど(家族全員ビビり)。

大分あたりの温泉に見える

しかし、海水が温かめだからなのか。後ろの雲が湯気みたいだからか。ムードがどうも、温泉…。

「いい湯だな、アハハ〜ン」

ボン先輩も浸かりがち

やっぱりアレかしら、火山性の島だからかしら。山の感じとか、ちょっと日本の秘湯っぽくもありますね(サボテンとオリーブに囲まれて入るけれど)。

まあ、ミネラルたっぷりだし、隣のブルカーノ島にはファンゴ温泉もあるし。

▼ボン先輩(1歳未満)のエオリア諸島初体験。ブルカーノ島でファンゴまみれになりました。

温泉っちゃー温泉です(そうか?)。疲労回復、神経痛、筋肉痛、肩こり、腰痛に効きそうです!

ではでは、どうぞ良い水曜日を!
Buon mercoldì!

コメント

タイトルとURLをコピーしました