Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

塩漬けケッパー七変化♪ドライ(乾燥)を白ゴハンに?!

あまりにも透明で、鉛ヒキズリー(※)をしなくても海底がよく見える海もあれば、カッペリもあるのがサリーナ島。
※千鳥・大吾の鉛を引きずって海底の様子を探る島の遊び…ご存知の方、いるかしらw。

透明すぎる海へ、ボンさん…飛び込む!
自殺の名所…のようなところでの飛び込みは断念したボン先輩...

今回のサリーナ島行きで、いろいろとお世話になった塩漬けケッパー生産者マウリツィアさんを訪ね、ポッラーラ地区に行きました!

「ここ、降りるの?!」

向こうにフィリクーディ島が見える島の西。名画イル・ポスティーノの撮影地としても知られるポッラーラ地区は、ポッカリと開いたかつての噴火口の中にあります。



小さな生産工房で塩漬けケッパー七変化♪

急な崖に作られた道路をモトリーノでぐんぐん降りると、目指す生産工房はすぐに見つかりました。小さな集落。マッシモ・トロイージ風に言えば、風の音のほかは、何もない…。

工房の中を覗くと、塩漬けにされたケッパーがぎっしりです(すでに美味しそう)。

真夏は、収穫したケッパーを塩漬けにする季節。塩漬けにするとアクが出るので、樽を入れ替え、塩を足し…丁寧な手作業が繰り返されますよ。

お忙しい中、マウリツィアさんが基本の塩漬けケッパーをアレンジした”いろいろケッパー”を試食させてくれました❤️。

塩抜きしてオイル&バルサミコ酢漬けにしたものや、天日干しドライトマト入りのもの、

ドライトマトやペペロンチーノも入ったペースト各種や、

甘く味付けしたもの…も!!!

見た目もアズキだけど、風味もややアズキw。なんなら練ったらアンコになりそうです。

リコッタチーズとよく合っていますが、かき氷に練乳と抹茶と乗せたら…。抹茶のグラニータにタピオカ風に加えたら…妄想広がる甘いケッパーでした!



塩漬けケッパー”ふりかけ”を白ゴハンにかける夢を抱いて

こちらのケッパー生産者さん、パオロ先生のアーモンドを輸入してくれているEaTさんのご紹介。社長のRyomaさんによれば「ドライもめっちゃうまい」そうなので、さっそくドライも味見!

トマトのブルスケッタにオレガノと共にパラパラ〜と振りかけて〜♪旨味炸裂!

「白ゴハンにかけてもうまい」らしい…ゴクリ発酵した旨味と塩気、ゴハンに合うに違いない!そう考えると…最近、シチリア界隈で流行っているドライ塩漬けケッパーですが、もはやふりかけにしか見えません。

乾燥してない普通の塩漬けケッパーでお茶漬けにするという強者が在住友達@ローマがいますがね、乾燥はよりそれっぽい。もれなくお買い上げしたので、試すのが楽しみです。

漬物好きなら、塩漬けケッパーを一度試すとハマりますよ。

マウリツィアさんの塩漬けケッパーは、8月21日〜の伊勢丹のイタリア展で買えますよ〜。パオロ先生のアーモンドも!

塩漬けケッパーといえば、パンテレリア島が有名ですが、エオリア諸島のケッパーも美味。ピンキー(夫)が「エオリア諸島の方が味が優しい気がする〜」とか言いますが、確かにそんな気もw。

取材やバカンスで何度か行ったパンテレリア島。地を這うカッペリ(ケッパー)とジビッボは衝撃でした…。サリーナ島のケッパーは、地を這うというより地面から吹き出す火山のよう(フィリクーディ島のはボーボー好き放題w)。

花は、こんな感じ。白に紫。雅ですなぁ。

我が家のバルコニー菜園で育てられないものか。ケッパーとミョウガを育てられたらなぁ。白ゴハン×乾燥ケッパーふりかけの夢と共に、いつか実現させたいものです。

マウリツィアさんのブルスケッタ(トマトなし・乾燥ケッパーなし)にはまったぜ。俺の夏は続くぜ!

 

とうとう木に登りました。犬、ときどき人間、たまに猿
塩漬けケッパー生産者さんを訪問してる間は、大人しくしてい...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました