梅酢…イタリアでも売ってます!

まあ、そんなわけで相変わらずの虚弱体質炸裂、
熱中症(疑惑)でトーンダウン中でございますが、
何か対策になるものはないかのぅ〜と、
病床でネット徘徊しておりましたところ、

梅酢のワードを発見。

レモンと同じクエン酸が成分で、
アンチエイジング、疲労回復、
食欲回復、消化促進、血液サラサラ…。

え。なんかスゴイ。

しかも熱中症予防に!と紹介してるサイトが結構ある。

うーん。欲しい…。としばし日本に想いを馳せ、
気づきました。

は!そういえば、家にある…。

先日、イタリア人の友人に、
「これ知ってる?!」
と教えてもらいBIO系スーパーで買ったヤツが。

ACIDULATO DI UMEBOSHI
アチドゥラート・ディ・ウメボーシ

アチドゥラートは、酸っぱい液みたいな意味です。
お酢と言っても発酵したいわゆるお酢ではないので、
なにやら正確な表現だなーと感心しました。

これは紛れもなく梅酢じゃーないか!

イタリア人の友人に勧められた通り、
オリーブオイルと梅酢でサラダ。とかやったんだけど、
よく考えたら日本のものだった…。
ネットで紹介されていた使い方バリエーションが、
あまりに豊富で驚いた(当たり前だ)。

で、その中の、

水で薄めて飲む。

っていうのが気に入りました!
レシピでもなんでもないんですが!

怪しいうすーい朱色の水になりますが、
これがウマイ!
普段のイタリア生活で出会わない味わい!

紅生姜好きな人なら絶対好きなはず。
だって、紅生姜は梅酢✖️生姜で作るんだもん♪
(あ、知ってましたよね^^;)

水素水より梅酢水だなw。ふふふ。

ところで、梅干しはイタリアでもウメボシで、
「プルーニャ・ソット・サーレ(塩漬けプルーン)」とは、
もはや言わなくなっています。

お豆腐も昔は、
フォルマッジョ・ディ・ソイア(大豆チーズ)だったのが、
いつのまにか豆腐はTOFUになったし。

なんか進化してます。


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
イタリア情報ヨーロッパ(生活・情報)の二つのブログランキングに参加中です♪
ポチポチッとクリックしていただけると嬉しいです♡ Grazie!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

●●●お知らせ●●●
翻訳させていただきました♪

イタリア人が見た日本や日本人って?!
思いのほか素晴らしい!!

人気DJラ・ピーナ著
『I ❤ TOKYO(アイラブ東京)』日本語版


イタリアで驚異的ベストセラーになった日本紹介本の日本語翻訳版。
アマゾンほか、全国書店にて絶賛発売中です!

…裏話や関連話はこちら( ̄∀ ̄)♪>>>書籍『アイラブ東京』

スポンサーリンク
アドボン




アドボン




この記事をシェアする

ボン先輩をフォローする