座禅de瞑想!イタリア語で体験は脳内イメージによる弊害が重大w

仏教は、イタリア語でBuddismoブッディズモ。仏教徒はBuddistaブッディスタ

キリスト教の総本山、バチカン市国を擁するイタリアではございますが〜イタリアにもブッディスタはたくさんいらっしゃいます。それはそれはたくさん(ま、大人なのでその宗派やなんちゃらには特に言及しませんけども)



イタリアでもメディテーション(瞑想)が何気にブーム

怪しかったり怪しくなかったり…いろんな宗派がある中で、友人に臨済宗のLaicaライカ(一般信徒)がおりまして、これがまた本格的。毎年数ヶ月間、岡山の曹源寺に修行に行くほどで、そこで学んだことを伝えるためにパレルモでアソシエーション(協会)まで開設しています。

それでも「ふーん。」ってなもんでしたが、「Meditazioneメディタツィオーネのワークショップ」を開催するとのこと。

メディタツィオーネ

メディテーション

”瞑想”

「あ、瞑想か!」と脳が判断。

なんかリラックスしそう。
そういうのやってみたい。

なんとなくそれだけの気分で参加してみたら、また…想像と全然違ったのでしたw。勝手な思い込みで全然違うことになるケース多々な今日この頃…(参考:人類進化を学べるかと思ったらサバンナだった話)。



本格座禅ルームで座禅体験!@イタリア

瞑想のイメージは、「ヨガっぽい雰囲気で、アルファ派が出ちゃう音楽がかかる薄暗い部屋にお香が焚きしめられ…アナザーワールドに誘われる」だったのですが、

普通に座禅体験だったのです。

まあ、よく考えてみればそうなんですけど。何しろ臨済宗の信徒さんなので、インドは関係ない。

「座禅なら、ZAZENって言ってよ!」と言ったら、「ZAZENって言ってもピンとくるイタリア人がまだ少ないから…」だそうで、イタリアではメディテーションと訳すほかないらしい。

会場は、友人の協会。入ると、日本のお宅みたいなムードです。

師事する和尚さんにいただいた額などがチラホラ。

で、座禅はこちらのお部屋でするそうな。土足厳禁よ!

こんな環境で、イタリア人によるイタリア語のレクチャーで座禅体験してきたわけです。

イタリア語で「集中!」と言われても…トマトが浮かぶ仕組み

座禅…昔々、取材で京都に足繁くお邪魔していた頃、体験させていただいたような気がしないでもないですが、全く記憶にないのでほぼ初体験でした。

座り方から呼吸の仕方まで、丁寧に初歩の初歩から教えていただきましたが、問題はイタリア語

臨済宗の座禅では、目を開けるのが特徴らしく、「斜め45度下の床を見つめたまま、concentrazioneコンチェントラツィーネ」と言われても…。

コンチェントラツィオーネ=集中。
しかし凝縮・濃縮の意味もあります。

もう…。

トマトのコンチェントラート(濃縮トマトが思い浮かんじゃって!!!頭の中は、トマトがいっぱい。なんとなく酸っぱい気もしてきました。

ぐるぐる脳内をめぐる濃縮トマトのイメージは、さらに映画ニューシネマパラダイスのワンシーンにまで及んじゃって(板に塗ったトマトペーストを天日で濃縮するシーン。おっさんが「俺のピアッツァや〜!」と叫び回るアレ…)

ぜんぜん集中できな〜〜い!

日本語で”精神集中”って言われると字面と共にイメージが湧くんですが、在住ウン10年。イタリア語から湧くイメージが、本来のものからあさっての方向に。なかなか難しいものです。

乏しい言語脳に、コンチェントラツィオーネ=トマトのコンチェントラート(濃縮トマト)として、刻まれちゃってるんだろうなぁ。

似非バイリンガルの苦悩は続く

とはいえ、座禅は「脳の活性化を目指す」というコンセプトには、いたく感銘を受けました。

ちゃんと集中できるようになると、ふとした瞬間にファッと視界が広がる感じがするんだそうな。25分+25分の座禅スケジュールの中で、一切そんな感じを体験することはできませんでしたが(トマトのことを考えていたのでw)、大量の情報(その多くはどーでも良いような瑣末な情報)がバラバラバラバラ入ってきて、処理に追われて無駄に疲れた脳に、こんな静かな時間が有益であることは、間違いない。

友人の協会の窓の外に置かれた、エアコンの排水を集めるボトル。

垂れ流しにする家も多いというのに!このキッチリ感!

座禅で心を穏やかにする暮らしって、
こういう感じだわぁぁぁ。

あ…また、座禅=キッチリ設置されたボトルの脳内イメージが生育する…。似非バイリンガルの苦悩は続くのでありました!

コメント

  1. accaesse より:

    お~~~~~!曹源寺!家から徒歩10分、散歩コースです^^
    早朝から境内を掃除されてる外国人修行僧さん
    あまたいらっしゃる中に、かの友人さんもいらっしゃったかも

    • sawabon より:

      >accaesseさま

      なんと!まさかのご近所!
      外国人たちの聖地になっているようですね〜。
      友人も毎年行くと言っていましたよ。ピンキー(夫)が興味示しちゃってるんで^^;、一緒に行くかもです〜。

  2. しんしん より:

    煮詰まっていた頭が緩やかにほどけるようなお話。
    爆笑もしましたけど・・・濃縮トマト(笑)
    でも、きっちり設置されたボトルに集まった水がまた広い世界に広がっていく・・・とイメージすればなかなかよろしいんじゃないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました