地中海の果てで和む朴訥夫婦の中華料理@パレルモ

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

昨夜、切ない無精髭のイケオジを置いて出かけた先は、北の方から来た友人夫婦と共にお邪魔したご近所中華。地中海で繰り広げられる精一杯の中華料理をご紹介しますw。



片言イタリア語でテキトーオーダーが和む

ご近所中華は、昨今、いきなりエセ寿司に変貌を遂げるプライドのない中華料理屋が横行するイタリアで、故郷の味を地道に作り続ける地味な店。敬意を表してしばしば利用させてもらってます。

(普段は主にお持ち帰り。なぜなら店内の雰囲気が素朴すぎて落ち着かないw)

皮から手作りするもっちり餃子はマスト

年末年始も休みなく、真夏も営業する小さな店を切り盛りするご夫婦は、イタリア語があまり話せず、息子(なかなかイケメン)はイタリア生まれで漢字が書けない。「ご出身は?」と聞いても発音良すぎて(←当たり前)よくわからないw。

スマホのグーグルマップで、巨大な中国大陸の中から探し出してくれた小さな町は、広い大陸の真ん中あたりにありました(町の名前は聞いておいてもう思い出せない…)。遠いところから来てるんだなぁ。距離は日本より近いけど、きっと遠いんだろうなぁ。などと想像すると、親近感が湧いてきます。

牛の形をしたステーキ皿でジュウジュウしてた豚肉の何か

同じアジア人だし。中国人にもいろんな人がいるわけだし。朴訥夫婦の風情は、昔読んだワイルドスワンに出てきそうだし。もしかしたら、70年代二中国を追われた学校の先生なのかも。とかまた勝手に妄想❤︎。

↓これ。読んだことあります?Bookoffに二束三文で売っちゃったんだよな〜。kindle版をまた買おうかな。

餃子と春巻きとリーゾ・カントネーゼ(広東風チャーハン)以外は、なんだかよくわからないので、いつもテキトーに素材でオーダーします。

チンゲンサイとか空芯菜とか、イタリア的には”珍しい野菜”もたまにあるので、「ある?C’e’?」と聞いて「ある。C’e’.」と言ったら、「ソレ。Allora si.」みたいなオーダーw。何が出てくるかは、お楽しみです。

今回は、瓜的な何か…なんだろう?

最近、息子が「チンゲンサイ」を覚えてくれました。中国語だとツィン・ガァン・ツァァィと発音するらしい。地中海のど真ん中で、同じアジア人と”近い感じの言葉”をやり取りするのは、なんか和みます。

帰り際に、おばちゃんが「ピッツァ・チネーゼもあるよ」などと言いだしました。中国語にイタリア語を挟みながら一生懸命してくれた説明によると、肉まんの皮みたいなのに野菜が詰まってるものらしい。

…それ、野菜まん?パオズー・ディ・ヴェルドゥーラ?「ノーノー、ピッツァ・チネーゼ」と言うんだけど、うーん、なんだろう?次回試してみるつもり。



いろんなことが曖昧でテキトーで、日本の極上中華を食べ慣れていると「は?」な感じもしますが、何しろここは地中海。遠いところでお互い頑張ろう!みたいな勝手な親近感で味は20%増しになってるのは否めませんww。まあ、相手方がどう思ってるか不明ですけどねぇ。日本が嫌いかもしれないですしねぇ。

朴訥風を装って、実は中国●フィアの隠れ家かもしれない?!なーんて、いろんな想像が膨らむところがまたオツだったりもしますw。

ところで、ピンキー(夫)のみならずイタリア人はやたらと”スプリングロール”(ロが巻き舌になるw)が好きなんですけど、なんででしょう?

コメント

  1. しんしん より:

    緑野菜の炒め物がなんだか美味しそう・・・微妙な渋味が感じられます(食べてないのに)。
    ピッツァ・チネーゼ、判明したあかつきには是非ブログで!
    ツアレポの写真、マルコさんの買い物センス最高!と思ったら奥さんのリモートだったとは(笑)

タイトルとURLをコピーしました