トマトジュースに開眼!イタリア式に”コンディート(味付け)”でアペリティーボ

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

いやもうすごいですよ、観光客が!ワクチン接種済みなのか、PCR検査陰性なのか羅漢済みなのか(←グリーンパスの条件)謎ですが、あちこちから聞こえてくる英語、フランス語、ドイツ語、ロンバルディア州訛りw(去年から再開する度にめっちゃくちゃよく聞くんだなぁ…)。

▼イタリアの感染状況やワクチン事情についてまとめました!ワクチンは世界を救うのか?!という話です(?)。

「明るいワクチン接種」イタリアらしい感染症対策の最前線 | GetNavi web ゲットナビ
ワクチンの接種率が上がれば、規制緩和。そんなムードが漂うコロナ・パンデミック2年目の初夏。昨年春の感染拡大以来、あまり日本では話題にならないイタリアも、ただいまワクチン接種に夢中になっています!バカンスとワクチンの話題一色(二色?)のイタリアから現地情報をお届けします。 知られざるイタリア...

よかったら読んでみてくださいねー。



熱心な”トマトジュース信者”の友人

さて、全然関係な…くもないんですが、昨日、トマトジュースに目覚めました

友人(パレルモ人)の一人に、いつでもどんなときでもカフェやバールに行くといつもいっつもトマトジュースを頼む人がいて、その度、「はぁ?トマトジュースゥ?」とちょーっと笑ってたんですが(偏見がすごくてすみません)、やや健康オタク気味のその人は「疲れを回復する」とかいろんな理由で、まったくブレません。

で、昨日の午後、モンデッロに行ってたのですが、

あいも変わらずトマトジュースをオーダーw。

そんなにー?!ということで、試しに注文してみたんですねー。



気だるい午後は、トマトジュース・コンディート

イタリアだと、トマトジュースをオーダーすると「コンディート?オ、ノ?」と聞かれます。それは、「味付けする?しない?」ってこと。

トマトジュースだけでもアレなのに(再・偏見すごくてすみません)味付けって、アナタw。って感じではあるけど、一応、基本コースでガッツリ味付けコンディートにしたのです。

基本は、レモン果汁、塩、黒胡椒、タバスコ。

アルコールなしだけど、アペリティーボ(食前酒)の位置づけで、人によっては(トマトジュース教の人)午後のお茶の時間にも飲むって感じです。

そしたら…。

え。美味しい!夏の暑い時期にピッタリ過ぎる喉越し&疲れたカラダにビタミンとリコピンが吸収される心地よさ

人生の中でこれほどトマトジュースが美味しいと思ったことなどなかったよー。うん、トマトジュース教に入信しましたw。今後はトマトジュースでいきたいと思います!という報告です。

オススメー。

栄養たっぷりだし、マリトッツォより流行って良さそうよね。しかしなんでマリトッツォが流行ったんですかね、in Japan?味付けトマトジュースってなんか昭和の香りもするので、もしかしたら日本でも70年代とかに流行ってたのかもなーという気はしましたが、どうでしょうね?

帰ってきた本日のイタリア語

succo di pomodoro condito
スッコ・ディ・ポモドーロ・コンディート
味付けトマトジュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました