クリスマスのメインは、”ピンキーカスレ”(予定外で新バージョンw)

どうも皆さま、ボンジョルノ!

クリスマスも終わりましたね〜(やれやれ)。日本ではもうすっかり、年の瀬。新年を迎える準備と仕事納めですね。

毎年ボヤいてますがね…イタリアではクリスマスは…1月6日まで!長いっつーの。

本日12月26日もサント・ステファの日で祝日。クリスマスっぽさ満開です。
で、毎年食べ過ぎています…。



クリスマスのメインはピンキーカスレ新バージョン!

さて、クリスマスのお食事会。
サーモンのタルティーネからスタートでした。

ピンキー(夫)母のラザニア。

そして、今年のトピックスはピンキー(夫)のカスレ…。昨年の冬に挑戦して、大層上手にできたことに気を良くし…人生2度目のカスレです。

人生1回目のカスレ。

フランス郷土料理”カスレ”の作り方@ピンキー流
寒いー夜だから♪(古っ!)ピンキー(夫)が”カスレ”を作...

ねぇ…ぜんぜん違わない?
去年と…?



毎年異なる味が楽しめる?ピンキー・カスレ…。

それもそのはず、またレシピをネット検索するところから始めたから。

昨年のブログにピンキー・レシピをご紹介してましたけど?本人も承諾済みだったのに…ぜんっぜん思い出さないようなので、とりあえず報告せず(訳させられたら面倒だからw)見守っていたら…トマトソース有りのものを採用!

えーw!すでに材料が違うよー。

「なんか違う気がする…?」と本人も首を傾げながら、丸1日かけて作ったカスレでしたが…、

結果:すこぶる美味しかったw!

トマトソースで、なんとなく”南イタリア風インゲンと鴨田舎煮込み”っぽくなっちゃって、ピンキー(夫)母に「パスタ足したいわね」とか言われてましたけどw(本当はフランス南西部の郷土料理)。

マスト材料の鴨はじっくり数時間かけてコンフィにしますが、前回も今回も、最もうまく行ったのは、鴨をコンフィにするところらしい(本人談)。

鴨のコンフィ大好き❤︎南イタリア風煮込みなぞにしないで、そのまま食べたい気がしないでもない。

そして、そろそろサラダが食べたいな〜なところでターキーw。

フレンチな濃厚ソースで、ついばむくらいしか…食べられなかったのが残念です。

でも、パンドーロは別腹。

ボンさんも毎年同じように疑惑の目を向け、怖がります。

「毎年、バンバンやって怖いんですけど…。」

なんなんすか?これ。毎年、バンバンやって怖いんですけど...。Ma che cos’è? Questo rumore “ban ban”...mi fa sentire paura...ogni anno.#ボン先輩 #パンドーロ #音が怖い #イタリア #クリスマス菓子 #伝統菓子 #雑種犬 #雑種犬同好会 #元保護犬 #保護犬を家族に #イタリア犬 #cane #canestagram #ilovemydog #pandoro

Ma che cos’è? Questo rumore “ban ban”…mi fa sentire paura…ogni anno.ボン先輩のインスタグラムより

なんだか毎年、年末&クリスマス界隈に関してボヤいてる気がしますが(だって平日が好きだから)、でも平穏に毎年同じ事を繰り返せるのは、とてもとても幸せなこと…なのかもしれませんね。

さて、そろそろ大掃除を始めなくては><!
断捨離がどうもうまくできません!

コメント

  1. しんしん より:

    クロスの刺繍の図柄が可愛らしいですね~。
    パンドーロバンバンを見つめるボン先輩の微妙な表情は子供みたい(笑)
    ありものでカスレを作れることが既に素晴らしいのに、得意料理が鴨コンとなれば・・・脳内でピンキーさんが池田理代子のイラスト(薔薇背負って)になっております!
    暖かな雰囲気が伝わるNataleの様子をありがとうございました。

    • sawabon より:

      >しんしんさま

      おや、お目が高い!クロスはなーんと1800年代後半のものなんですよー。
      カスレ、ありものなんかじゃぜんぜんないです><!もー買い物から大騒ぎ。
      完全に放置しましたので、あれが足りないこれが足りないって出たり入ったり…。
      買い物を入れると2日がかりの鴨のトマト煮、あ、違った、ピンキーカスレです・大笑。

タイトルとURLをコピーしました