イタリア〜厳戒態勢の内側から:悲しくも美しい”空っぽのイタリアの街”が意味するもの

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

今日も変わらずのどかなパレルモです。毎夕、対策本部の記者会見で感染者状況や対策状況がとてもわかり安く伝えられていますが、一昨日はちょっと衝撃でした(イタリア市民保護局長ボレッリさん、お元気です。疲れが見えて…見てるだけで涙が出ます)

対策本部の発表と合わせて、イタリアの健康省がサイトでこんなリストを毎日更新

イタリア全体(3月18日時点)

テスト:165,541名
現在までのトータル感染者数:35,713名
うち回復:4,025名 /死亡:2,978名
現状の陽性者:28,710名
うち無症状:12,090名/有症入院:14,363名/重症:2,257名
ロンバルディア州だけで17,713名です。

特に感染者も多いロンバルディア州・ベルガモでは、もう棺桶が足りず、保管する場所もないそうで、昨夜遅く…軍が棺桶を他の街へ運ぶ行列が報道されました。リンクするのも憚られますが、一応こちらです。

 

イタリアの対策をまとめて書かせていただきました!

新型コロナ感染者がなぜ急増? 今、イタリアで起きていること
世界中で猛威を奮う新型コロナウイルス。様々な情報が飛び交うなか、イタリアに住むライターの岩田デノーラ砂和子さんが現地で見聞きしたことをレポートしてくれました。

混沌とするイタリアの状況を最初に感染者が見つかったところから、順を追って解説。なぜ感染が広がってしまったのか?イタリアの人道的な対応、そして今、イタリアで起きていること。

ベルガモは、パレルモからは遠い街ですが、同じ国内でこんなことが起きている。昨日は…心臓がバクバクしましたよ。。。

バクバクしたまま書きかけで放置しておりまして(集中できなかった〜><)、明けて翌日3月19日には死者数が中国を上回ったとか…。まだピークは来ていないようなので今が一番ツライ時なのかも。と思っています。ベルガモや北イタリアの様子を見ると、あまりにもツライ。



ローマ、ミラノ、ヴェネチア…空っぽの街に何を思う

さて、昨今、ローマやミラノ、ヴェネチアなど通常であれば観光客でごった返す街々が”空っぽ”の様子が伝えられていますね。

パレルモもシーンとしています。

こちら、メイン大通り「コルソ・ヴィットリオエマヌエレ通り」。

まあ…人はいないっちゃいないけど、いるっちゃいる感じですかね。店舗や飲食店は閉店とはいえ、薬屋さん、銀行、スーパーなどなど暮らしのベーシックな機能は続いているわけで、通勤者もいるから。あと犬の散歩。

イタリアでは、各街空っぽ映像を見て、「ああ、こんなことに!!!」となるより、「人がいないイタリアの街のなんと美しいことか」と感動してる人は多いです。

そしてホッとする感じ。「あーちゃんと皆んな家にいる!よかった…感染が広がらずに済む!」ってね。



空っぽの街を見ると…ホッとする

パレルモからベルガモはとても遠いですが、軍の葬列は…同じイタリア国内で起きていること。昨日はあまりに衝撃で動揺しておりましたが、日本在の友人が送ってくれた言葉が効きました。

「コントロールできる事とできない事に分解して、できる事に集中すると頭も気持ちも落ち着くよ」

ほんと、そうねぇ。

あまりの死者数、その数だけの家族の哀しみ、医療従事者たちの無念さなどを想うと涙が出てたまりませんが、だからとて現場で何かできるわけではない(残念ながら)。

今ここでできる事は、もうほんっとに…”無意味に出かけない”ことしかない…。それが医療現場への応援にもなるから。

悲しいけれど美しい空っぽの街は、きっとまた日本では衝撃映像チックに伝えられるのかもしれませんが(-_-)…そこにいる人たちがそれぞれに頑張っている姿でもあるわけです。。。

ウィルスは人が運ぶ。国境も超える。目に見えないから検査して確かめる。ウィルスが移動してしまう前に。それでも散っていく。無症状感染者がいるから。

手強いウィルスなんだな、と…イタリアや欧州各国を見ていると、つくづくそう思います。

よし、今日は天気も良いのでボンさんを洗いますよ!!

コメント

  1. しんしん より:

    悲しくも美しい空っぽの街、本当にそうですね。
    毎日、現地夕方の時間帯にTVのYouTube機能でイタリアのリアルタイム映像を見ています。
    本来はホテル等が部屋からのリアルタイムの眺めを宣伝のために流している映像のようですが、買い物帰りや犬の散歩中の人、2M離れてちょっとの間だけ言葉を交わす人、遠くに見つけた知人と手を振るだけの挨拶を交わす人・・・ほんのわずかながら人の動きがあることで彼等の”今”は確実に存在しているのだと、大きな画面で確認することで少し心が落ち着きます。
    最初に感染が広まったエリアも沈静化しつつあります。
    必ず落ち着く日が来ます。

    • sawabon より:

      >しんしんさま

      FBでシェアしましたが、FCAの動画もオススメです。
      そう、こういうこと。が伝わって、涙が出てきました(TT)。

  2. 一読者 より:

    Buongiorno! いつも貴重な情報ありがとうございます。
    あのベルガモの映像はとても衝撃的で、沈鬱な気持ちになりました。
    しかし記事を読んだところ、火葬のための炉がベルガモの墓地には足りないから移送という説明がありました。カトリックの国イタリアは火葬が増えてきたといってもまだ土葬が主体なので、こうなったのでしょう。
    また日本では映像だけからの誤解曲解が増えてしまわないかと危惧しています。

    • sawabon より:

      >一読者さま

      こちらこそ、いつも読んでいただいてありがとうございます^^。
      はい、おっしゃる通り今回のベルガモの件は、火葬炉が間に合わないための移送です。
      感染があった場合のご遺体は、火葬の義務が州や市によってあるようです。
      本当に…この動画は沈鬱な気持ちになりました。
      ご家族やご本人、関わった医療者の無念さなど思うと心が痛いです…。
      そういった想いに寄り添うような報道が日本でも増えると良いのに…と思います。。。

  3. かもめ院長 より:

    サワボンさんご無沙汰しております
    パソコンの調子が悪かったようで、書き込みができずにいました。。
    ご連絡が遅くなって申し訳ありません。
    3月12日の放送は無事に終了しました。
    お手紙も紹介いたしました。反響がよかったです。
    世界的に大変なことになっていますが、今が辛抱の時なのかと思います。
    がんばりましょう。

    • sawabon より:

      >かもめ院長さま

      ご無沙汰しております!こちらこそご連絡できずにおり、大変失礼致しました。
      なんだかも毎日がザワついています…^^;。
      ご紹介、本当にありがとうございました!
      また近いうちに、ご紹介させてくださいませ。

      今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
      かもめ院長さまもどうぞご自愛くださいませ❤︎。

タイトルとURLをコピーしました