Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

真夏のピエモンテ、「ルケ」のワイナリーへ

お申し込み絶賛受付中!

ゴージャストリノとセットで、
いつものピエモンテの田園エリア、
モンフェッラートにも行ってきました。

こちらは、”ルケ”のワイナリー。

本当にもーこれでもか!ってくらい美味しいワインが、
ざっくざくのピエモンテ。

バローロやバルバレスコのみならず、
バルベーラやドルチェット、ガヴィ、ブランケット…、
多種多様なワインがざっくざく。
”ルケ”もそのひとつでございます。

ルケは、世界遺産でもあるモンフェッラート地区の黒ブドウ品種。
一時期衰退したこともあったらしいですが、70年代頃から復活し、
クオリティの高いワインも生まれ、
「ルケ・ディ・カスタニョーレ・モンフェッラート」として、
2010年に格付け最高峰DOCGに昇格しました。

 

ピエモンテのDOCGワインの中でも、最も生産量が少ないワインで、
ワイナリーもほとんど家族経営の小さなところばかり。

こちらのワイナリーでは、子供が生まれた年のワインを閉まっておいて、
成人のお祝い(18歳)で開封するんだそうな。
伝統を守ってますねー。

家族の成長を祝った歴代のビンたち。

家族経営…それは誰もが手伝うことになりますが、
家族の一員であるワンコも同じ。
頑張って働いております。

最初は「君ら、なんやねん!」と厳しく吠えたりしますが、
ゴロゴロするとすぐに懐いてくれるプント君(カワイイ役立たず❤️)。

ほのぼのした小さなワイナリーですが、

賞なんかもとったりして、かなり優秀。
バラのような華やかな香りと、アメリカンチェリーのような酸味と渋み。
存在感があるのに後口がキリリとして飲みやすいルケ。

箱買いしそうになりました。
持って帰れそうな2本だけ〜。

家族経営のワイナリーだけに、畑も小ぶり。
でも、とても大事にされている香りがします。

10月の食い倒れツアーでも、
バローロ・バルバレスコのワイナリーのほか、
ルケの生産者も訪れる予定ですよん♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました