Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

真夏のピエモンテ、「ルケ」のワイナリーへ

ゴージャストリノとセットで、
いつものピエモンテの田園エリア、
モンフェッラートにも行ってきました。

こちらは、”ルケ”のワイナリー。

本当にもーこれでもか!ってくらい美味しいワインが、
ざっくざくのピエモンテ。

バローロやバルバレスコのみならず、
バルベーラやドルチェット、ガヴィ、ブランケット…、
多種多様なワインがざっくざく。
”ルケ”もそのひとつでございます。

ルケは、世界遺産でもあるモンフェッラート地区の黒ブドウ品種。
一時期衰退したこともあったらしいですが、70年代頃から復活し、
クオリティの高いワインも生まれ、
「ルケ・ディ・カスタニョーレ・モンフェッラート」として、
2010年に格付け最高峰DOCGに昇格しました。

ピエモンテのDOCGワインの中でも、最も生産量が少ないワインで、
ワイナリーもほとんど家族経営の小さなところばかり。

こちらのワイナリーでは、子供が生まれた年のワインを閉まっておいて、
成人のお祝い(18歳)で開封するんだそうな。
伝統を守ってますねー。

家族の成長を祝った歴代のビンたち。

家族経営…それは誰もが手伝うことになりますが、
家族の一員であるワンコも同じ。
頑張って働いております。

最初は「君ら、なんやねん!」と厳しく吠えたりしますが、
ゴロゴロするとすぐに懐いてくれるプント君(カワイイ役立たず❤️)。

ほのぼのした小さなワイナリーですが、

賞なんかもとったりして、かなり優秀。
バラのような華やかな香りと、アメリカンチェリーのような酸味と渋み。
存在感があるのに後口がキリリとして飲みやすいルケ。

箱買いしそうになりました。
持って帰れそうな2本だけ〜。

家族経営のワイナリーだけに、畑も小ぶり。
でも、とても大事にされている香りがします。

10月の食い倒れツアーでも、
バローロ・バルバレスコのワイナリーのほか、
ルケの生産者も訪れる予定ですよん♪

* * * * *

今年は動画付き♪で現地の様子をヴァーチャル体験
シチリアツアーレポートまとめ


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
ブログランキングのイタリア(生活・情報)と新しく犬 海外生活に参加しました♪
ポチポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです♡ Grazie!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

●●●お知らせ●●●
翻訳させていただきました♪

イタリア人が見た日本や日本人って?!
思いのほか素晴らしい!!

人気DJラ・ピーナ著
『I ❤ TOKYO(アイラブ東京)』日本語版


イタリアで驚異的ベストセラーになった日本紹介本の日本語翻訳版。
アマゾンほか、全国書店にて絶賛発売中です!

…裏話や関連話はこちら( ̄∀ ̄)♪>>>書籍『アイラブ東京』

スポンサーリンク
アドボン




アドボン




この記事をシェアする

ボン先輩をフォローする