引っ張り癖は治ったよ!並んでお散歩ができる犬になったボン先輩

スポンサーリンク

どうも皆さま、ボンジョルノ〜♪

どうやら、イタリアの減少傾向は確定的みたいですよー。今日の恒例ISS(イタリア国立衛生研究所)モニタリングレポートでも、実効再生産数が1を下回ったとか。

昨日のホッに続いて、今日もホッ!

ホッとしながらご機嫌ボン散歩。今朝、ボンさんのとってもおりこうな姿を撮ってみたので見て見て〜^^♪

さあ、並んで歩く…この素晴らしき散歩姿をご覧ください!

あ、音ありなのでご注意ください。

※最近のボンさんお気に入りコースの港内です。車通りがほとんどないのでリードを外してます。

ふふふ。引っ張り癖に苦悩して早9年…長い道のりでしたw。

ワンコの引っ張り癖、どうする?

ボン先輩は(ご存知の通り)好奇心旺盛で活発なワンコだから、グイグイ…グイグイ。まーお散歩が大変でした。

気ままに方向転換されて、肘か肩の関節が抜けそうになったことも…。

小さなワンコ(トイプーとかチワワとか)をルルル〜とヒールで散歩する人を、羨ましく眺めたものです。ボン散歩はスニーカー必須。

なんとかしようとしつけサイトなどを読み漁りましたが、今ひとつ効果はなく。。。

犬にも性格やそれぞれのペースがある

そもそもボン先輩の場合、よく言われるような「俺様が主導権を握るのだー」みたいなノリで引っ張ってない気もする。

バカンスで島にいるときなど、ノーリードにすると、むしろ落ち着いて隣を歩くし呼べば来るし、関係性も悪くない。

これは…彼的には引っ張ってはいないのでは?!

そう気づいたところから引っ張り癖の改善が始まりました。

▼気づいた時のブログ。高速散歩で楽しくランランラン♪

ボン先輩は、歩く速度が異常に速い!のですw。飼い主が歩くのが遅いから…結果的に引っ張られることに。

彼的に遅くしようとしてくれるけど、だんだん…早くなってしまう(だって4本も足があるんだもの)。すると後ろから引っ張られてる感じがして焦る。頑張って引っ張っちゃう。

こんな感じなんだろうと思いました。

犬にも性格や都合、ペースがそれぞれあるもんで、一般的に言われることが当てはまらないことも良くありますよね。

もらえる?もらえない?どっち?おやつフラグ作戦が一番効いた

ボン先輩に効いたのはコレでした。

できる限り歩く速度(高速)を飼い主が合わせる

抵抗なしに前に進める感じを味わってもらう

すると、焦って引っ張ることが減ってた。

それから、歩いてる間のコミュニティケーションを増やしました。

声をかけ、振り向いたら褒める。

尻尾振る

高速で歩く

声かけして振り向いたらビスケット

尻尾振る

高速で歩く

声かけして振り向いたら褒めちぎる

高速で歩く

声かけして振り向いたらビスケットを一粒

ポイントは、ビスケットをあげる時とあげない時をマダラに散りばめること。

「いつももらえるとは限りませんが、チャンスは常にあるから逃せません!でも、少なくとも褒められるから、そばにいるとお得作戦」です(長)。

犬もいろいろだから、しつけ方法もいろいろあると思いますが、厳しく怒るより、褒めてしつけた方が効くね!犬も夫もwww!

どうぞのんびり良い週末を!
Buon week-end!

コメント

タイトルとURLをコピーしました