Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ブロンテのご当地コーヒー?!ピスタチオ風味のカフェが美味しい!

パレルモから、”エトナ・サファリパーク”を経由して到着したエトナ山麓のブロンテ。

幻の黒豚に遭遇?!羊が出産?!エトナ山の動物たち
【ちょっとだけ閲覧注意】
どうも皆さま、ボンジョルノ! バスタブ付きのパレルモから更新します^^! 昨日はお仕事の関係で、ちょっくらエトナ山に行ってきました。パレルモ...

ブロンテは、言わずと知れたピスタチオの名産地です^^/!

 

 

ピスタチオは…古代から地中海・ペルシャ界隈で生産されてきましたが、シチリアにはアラブ人が持ち込んだと言われています。8〜10世紀ぐらいですかね〜。

名産地ブロンテには、数百以上のピスタチオ農家さん&ピスタチオ製品加工業者さんも数多く集中しています。

 

 

加工工場内は、香ばしいピスタチオの香り…♪こんな環境なら、リラックスしながら働けそう。ピスタチオの香りのアロマテラピー効果は不明ですがw!

 

ブロンテのピスタチオは、2年がかりで収穫されます。なぜなら実をつけるのが2年に1回だから!その分、希少性も高まります。

 

代々ピスタチオ農家を続けてきた生産者さんの工場のため、いろいろあれこれ業界裏話やピスタチオの生体などなど、熱いレクチャーは終わり知らず。熱い、熱いよ〜w。

ピスタチオ愛に燃えた白熱教室は、気づけば約3時間!も続きましたが、とても興味深い時間でした!全方向に感謝。

その間、ご馳走になったカッフェ・アル・ピスタッキオ(ピスタチオ風味のカフェ)。

 

通常のエスプレッソに、ピスタチオ・クリームを加えたもので、ブロンテ界隈ならバールで当たり前にオーダーできるんだそうな!

いわば、ご当地カフェ?ピスタチオ・クリームの使い方として、いかにも地元っぽいですね。

 

お砂糖・ミルクなども加えたピスタチオ・クリームだけに、これだけでほんのり甘く、まろやかなミルクにナッツの香ばしさがプラスて、とーてーも便利&美味しい。

家でもリピート決定。
機会があったら、お試しあれ〜♪

 

La Vacanza Italianaでは、視察コーディネートも承っております♪お気軽にご相談ください。

コメント

  1. しんしん より:

    ここに行きた~い!!!!!
    お話を聞きた~い!!!!!
    緑色が冴えてる~!!!!!
    まずは出来ることから・・・明日のカフェにピスタチオクリームを入れてみます!

タイトルとURLをコピーしました