パレルモの反マフィアの英雄暗殺から30年

スポンサーリンク

どうもー皆さま、ボンジョルノ♪

5月23日は、反マフィアに生涯を捧げたパレルモの英雄ファルコーネ判事が暗殺された日。30年目にあたる今年は、いつも以上に盛り上がってましたよー。

暗殺された日、それは「Strage di Capaci カパーチの虐殺(もしくは殺戮)」でもあり、パレルモのみならず、イタリア全体でも大事な日。先週末から特別番組等も多々放送されてます。

▼こちらに概要をまとめました!

「どうしてそんなに大事な日なの?」と思う方は、良かったら読んでみてね♪

「ファルコーネの木」の前で

毎年、反マフィアデモなどなどがありますが、昨年、一昨年とコロナ禍で規模が小さかったですからねぇ。今年は盛大ですよ!パレルモのあちらこちらでデモやら演説やらコンサートやら…などがありました。

こちらは「ファルコーネの木」の前の恒例イベント。←ファルコーネ判事の元住居前にある大きな木で、反マフィアやファルコーネ判事への想い等が七夕風にかけられてます。今年は、ジャン二・モランディ(イタリアの郷ひろみ的な人)もきて歌ってましたw。

パレルモ出身のマッタレッラ大統領も…

パレルモ海浜公園的なフォロ・イタリコでも、コンサートや各種演説など。マッタレッラ大統領も演説されました。

パレルモ市長とムスメーチ州知事、そして各大臣(も来ててびっくり)にお迎えされて演説。

マッタレッラ大統領は、パレルモ出身の裁判官一家で、お兄さんをマフィアに暗殺されてるんですよね。撃ち抜かれたお兄さんの頭を抱える若き日のマッタレッラ氏の写真は有名です…。

沈黙は賛同と同じ…若者もしっかりしてる!

今年は全国から高校生が集まってましたが、インタビューを見てると「まーしっかりしてる!」と感心しましたよ。

黙っててはいけない。と…。やはり、ロサリアさんの言葉が30年経っても息づいているのか。

学校や家で、イタリア近代歴史や社会問題をしっかり話をしてるんでしょうね。中には、知らないで来ちゃってる子も……いないか、さすがに^^;。子供向けのマフィア本も出てますし、幼稚園から「ファルコーネの木」を訪ねたりもしますし、学ぶ機会は多数だし。

うちの下でも警察隊パレード&ちびっ子デモやってたよー

なぜ全国から?といえば、マフィア問題はイタリア全体の問題だから。シチリアは発祥の地ではあるけど、もう80〜90年代初頭のようなドンパチはないし、むしろ地味…(ナポリのカモッラ、カラブリアのンドランゲタなどがご活躍中)。マフィア網は全国というか世界展開してるし、そもそも政界や経済界の奥の方をのぞいてご覧って感じです♪まあ、こんな話もまたおいおい。

そういえば、コロナの時も、小学生から休校するなデモとかやってたしなぁ。”社会に参加する”ことを、小さな頃から学ぶ環境があるのは良いね、と思います、ホント。

ではでは、どうぞ良い金曜日を!
Buon venerdi!

コメント

タイトルとURLをコピーしました