裸足で登った!聖なる山のミラクル洞窟教会へ〜 前編

昨日、9月4日はパレルモの守護聖人サンタ・ロザリアの命日

パレルモでは、7月15日もサンタ・ロザリアの日。この日は「奇蹟を起こした日」ってことで、神輿やら山車やらのパレードでもんのすごい勢いで盛り上がります。奇蹟…キリスト教の街の”あるある”ですよねぇ…。

で、9月4日は、何するかっていうと…。

サンタ・ロザリアが祀られている聖なる山を登るのです!

聖なる山とサンタ・ロザリアの奇蹟はこちらに詳しく。

かつてゲーテが訪れ、名著『イタリア紀行』にも記述されているモンテ・ペレグリーノは、古代から聖地として地元の人々に崇められてきました。頂上には、パレルモの守護聖女サンタ・ロザリアを祀る洞窟教会があります。

9月3日に真夜中ミサがあり、夜半からロウソクを持って登る人々の行列ができるのですが、山頂で朝日を拝んで日の出ミサ。なんてパターンもあり、お好きな方を選べます・笑。

毎年、行ってみたいな〜と思いつつ、真夜中も早朝も苦手(かといって炎天下も苦手)なもんで、なかなか行けてなかったのですが…今年は思い切って早起きしてみることに。

集合5時半。

日の出は6時半過ぎなので、
1時間ばかり登って山頂で朝日を拝む予定…、

でしたが!

全員遅刻www。

結局集まったのは6時過ぎでしたw。(←こういうところがイタリアの好きなところのひとつです)。

総勢6名+犬(ボン)で登りはじめると…、
たちまち開ける夜のとばりw。

教会のある山頂付近までは、ゲーテも歩いたと思われる…石畳の旧道が続いています。山登りとはいえ、てくてく歩く感じではありますが、ま〜急なんですよっ。特に最初のあたりが。

ぜーはーしながら撮ってみた早朝のパレルモ。息遣いが聞こえるかしら〜w?

夜が開けるとたちまち明るくなりますが、ハードな道はまだまだ続く。

朝早いけど、結構、登る人多いのね〜。。。って、遅刻組とも言えますが、ま、自分のペースで好きな時間に登ればよし。なぜならサンタ・ロザリアさんは、その辺の細かいことをとやかく問わない包容力のあるブッダのような聖人だからです(詳細は上のリンクをどうぞ)。パレルモらしいな〜。

今回、真夜中も早朝も苦手ながら、参加してみようと思ったのは、友人の一人が「靴下で登る」と言ったから。

は?何言ってんの?って感じですがね、実は…、聖なる山を詣でるときは、裸足!が信者ならではのスタイルらしいのです。修行ですよ、修行。でも…道はあるとはいえ、ゴロンゴロンした石畳。足裏マッサージにしても度が過ぎています。

なので、「そうは言っても裸足で登るひとなぞ、いないだろう。」と想像して早ウン年でしたが、身近な人が靴下で登る(裸足は痛過ぎるから・笑)と言うなら、ついて行ってみようと興味が120%増量した次第。

靴下で登る友人↓。

ゼーハーしすぎて、ピントを合わせるどころではなかった…。

すると!

裸足で降りていく人発見!!!

マジかー。。。いるのね、本当に…。
(しかも、朝日が登る前にちゃんと登って降りてきてるし)

明るくなってきて周りを見回せば…、

あら!

靴下派がいっぱいw!

靴下派と竹下派って似てる。

…職人が作ったこだわりのトレッキングシューズで挑んでいましたが、重すぎて足が痛くなってきてたところ…でもあり、「脱いじゃえ」と周りにそそのかされ、途中の祠で…、

W S ROSARIAは、VIVA!SANTA ROSARIAの意味。

脱いでみたw。

石畳の真ん中の”筋”みたいなところは、ツルツルしてて痛くない。

アンド、

なんという開放感!

こりゃ、行けそうです。

だいぶ山頂に近くなってきたよ〜。顔が眠そうだよ〜。

早朝山登り...。*#ボン先輩 #お疲れ気味 #パレルモ #一望 #守護聖人の命日 #詳しくはブログへ #雑種犬 #元保護犬 #いぬら部 #ilovemydog #muttstagram #montepellegrino #acchianata #santarosaria #palermo #bellavista
ボン先輩のInstagramより

後編に続く。To be continued….

コメント

  1. しんしん より:

    竹下氏の姿を見るたびに「靴下派・・・」と呟いてしまいそう(笑)
    今日は猪木さんの「昔、”包丁一本さらしに巻いて”という歌がありましたが・(中略)・32(36?)回目の訪朝に行ってまいります」発言に「包丁・・・訪朝・・・ホウチョウ?!」と頭ぐるぐるでしたが、靴下まで追加されパンク寸前!!

    • sawabon より:

      >しんしんさま

      包丁…訪朝…www。30回も包丁、いや訪朝して何か役に立っているんでしょうかね?
      …今、役煮立ってると変換されて、ますます包丁感が高まりました・笑。