ローマ教皇、日本へ出発!イタリア現地新聞より

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

ローマ教皇”パーパ・フランチェスコ”が日本に行きますね!イタリアでももちろん話題になっています。

▼昨日11月19日夜19時に、フィウミチーノを出発したパーパの姿。

Papa Francesco partito per il viaggio apostolico in Thailandia e Giappone - Italia
L'Airbus A-330 dell'Alitaliae' decollato alle ?19.16 dall'aeroporto di Fiumicino (ANSA)

アリタリアでにこやか〜にご出立されました♪



ローマ教皇の訪日は、38年ぶり!

ローマ教皇の来日は、世界を旅した前パオロ2世教皇から38年ぶり(イタリアの新聞は28年ぶりになってる@@!)。

Viaggio di papa Francesco in Giappone, i temi: nucleare e diritti umani
Un viaggio nel segno del dialogo e della costruzione della pace. Il Pontefice questa sera alle 19.00 lascerà Roma per il suo trentaduesimo viaggio

イタリアの新聞はどう報じているか、意訳してみますよ〜(イタリア語勉強中の方は、チャレンジしてみてください♪)

対話と平和構築の旅。タイへ、そして日本へ。どちらもキリスト教信者が少ない国だ。

環境破壊を伴う核兵器と原子力発電所の”不道徳な”使用と人間の権利。これに伴う死刑に関する不公式の予定として、48年拘留された元死刑囚袴田巌氏との面会の可能性もあるだろう。木〜金曜のタイ訪問の後、土〜火曜にかけて日本を訪れる。タイから東京への旅の間に、中国・香港・台湾へもメッセージを送る予定だ。

就任以来、日本への旅を希望していたフランチェスコ教皇。”グローブ・ロッター”前パオロ2世教皇が20分以上もの講話を行った日本へ、28年ぶり(原文まま)の訪問となる。

この旅の主要なテーマは、核縮小。東京到着後は長崎入りし、爆心地公園にて核兵器に関するメッセージを読み上げる。1945年8月9日、”ファットボーイ”によって10万人もの犠牲者を想起させるこの場所で、当時、亡くなった弟を背負い火葬の順番を待つ少年を撮影した写真家ジョー・オコネルの妻と娘に面会する予定。世界に向けて核縮小を訴える二度とない機会であり、最高に心を揺さぶられる瞬間になるだろう。

フランチェスコ教皇は、2018年1月1日の世界平和デーでジョー・オコネルの写真に”戦争がもたらすもの”とキャプションをつけ配布。数週間後、南米への旅に随行した記者たちにも渡された。アメリカと北朝鮮の核の脅威の前に、教皇は明確に発言している。「私は核戦争が恐ろしい。私たちはリミットにきている。この脅威は現実に存在するものだ。状況を悪化させる係争はもう十分だ。」

月曜には福島を訪れ、2011年3重の被害(地震・津波・原子力発電所の事故)を被った被害者に面会する。

日本では、命を守る必要性についても立ち返る。「私たちの心に共鳴するそれぞれの尊厳と価値を守る強い本能は、平和的共存の脅威の前により重要性を帯びる。」

今、日本の各紙は、日本司教会議が東京でのミサに元死刑囚袴田氏を招待した件について注目している。教皇からのメッセージはもちろんだが、もし面会が実現すれば、先進国の中でも数少ない死刑執行を認める日本政府にとっては明確なメッセージとなるだろう。

意訳のつもりが、めっちゃ長くなってしまった…。

信者拡大など外交戦略の狙いもあるなどと言われていますが、それはそうでしょうけれども〜バチカンの権力と影響力は絶大だけに…日本政府も期待が高まりますね。



フランシスコ教皇のルーツはピエモンテ、ポルタコマーロ村

それにしてもイケメン❤︎!

ちなみに、フランチェスコ教皇はアルゼンチンの出身ですが、ご両親はイタリア人。郷里はピエモンテ・アスティ郊外の小さな村ポルタコマーロなんですよ〜。←チンチアさん宅があるところ。

キリスト教信者が聖地めぐり的によく来るみたいです。

あ、そういえば、日本語だと法王と教皇とごっちゃですが、教会サイドは教皇に統一したいらしいですね。

イタリア語で「パーパ」。お父さんのパパは「パパッ」で教皇は「パーパ」です。間違えるとイタリア人は「は?」となるのでご注意w。

記事の中では、フランチェスコと継承なしで呼び捨てですが〜イタリア語表現はそういうもの…。

* * * * *

おまけ:日本の皆さんへのメッセージ動画(スペイン語)。

優しい口調になんだか和みます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました